<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >> 登録

舞台おじぎ30度  

おじぎ30度公演記念

みなさま、明けましておめでとうございます。
最近はめっきり暖かくなり、春の訪れを感じさせる、
そんな時期にまさかの新春のご挨拶。

こんな感じで適当ではありますが、まだ期待してくれている人もいるので、
見限られないうちに更新をしていきたいと思います。


先週行われた舞台「おじぎ30度」。
俺は木曜日からの4日間、1日1公演ずつ見てきた。

前回の舞台がハロプロ史上でも評価の高いリボンの騎士であった事や
4人+土岐田麗子さんという、精鋭ではあるものの少ないキャスト
ファミレスが舞台ということもあって、あまり期待度は高くなかった。

当然、キャストが6期+愛ちゃんという所には大きく期待していたけどね。
どう考えてもさゆみんの出番が少ないということは有り得ないから。

結果から言うと期待以上の出来であった。

キャストは以下の通り。
木下花梨(高橋愛)
望月深華(土岐田麗子)
地井ルルカ(道重さゆみ)
黒田れいな(田中れいな)
鶴絵里香(亀井絵里)

テーマはずばり、「ファミレスの素晴らしさ」。
舞台のテーマとしてはどうしても弱いと思うが、
テーマの表現は良くできていた。

ファミレスの素晴らしさを非常にわかりやすく訴えてくる。
多くの人が利用した事のあるファミレスを舞台として、
誰もが経験している内容で表現をするので、共感がしやすい。

予備知識なく見ても十分に楽しめるのだが、細かい所まで作りこんでいて、
Dohhh UP!で配信しているおじぎ30度シリーズや、
販売されたDVDを見ると、色々伏線があることがわかる。

例えばルルカの名前の由来を以前にも聞いていた事であったりとか、
福島大介が初めて来店した時の話であったり、
花梨と深華と絵里香の馴れ初め、花梨の初恋の人の来店、
ルルカのれいなへの大学生紹介などなど
過去の話として出てくる内容は大抵元のネタがあったりするのだ。

また、娘。たちのの演技も悪くなかった。
さすがにプロの役者と比べるのは酷ではあるが、
十分に役柄は表現できていた。

もっとも、それぞれのキャラは
素の彼女らとそれほど離れている役ではないので、
役に入り込みやすかったとは思う。

さゆみんは声の質が細く、声量が少ないので、
舞台でも台詞が少し聞き取りにくい。
俺は耳が良くないので、後ろの席に行くと若干聞き取れない。

最初はマイク無しで演じているのかと思ったが、明らかに小さな音も
拾っているので、おそらく集音マイクが設置されているのだろう。
テーブルの上の伝票入れに仕込まれていると予想している。

笑いどころも多々あり、アドリブもそれなりに入ってくるので、
複数回入っても楽しめる。メインで演技している所以外にも
小芝居を入れているので、二回目以降はそこを見るのも楽しい。

総じて期待以上の出来だった思う。
しかし、ミュージカルと芝居の段階で比べる対象が違うとは思いつつも
やはりリボンと比べてしまうと物足りなさは感じる。

もちろん、ミュージカル>芝居という単純な図式ではない。
そうではないが、娘。の本業が歌である以上、
やはり歌があった方が楽しめるかな。

普段見る娘。たちの衣装はステージ衣装である。
今回の舞台では、前半は私服調で、後半はウェイトレス。
この衣装は新鮮で可愛いね。

さゆみんはヘアバンドにワンピースに高いピンヒールを履く。
スカートは非常に短くてナイス。
絵里は女子大学生風で、愛ちゃんはホットパンツ。
れいなはいつも通りギャルっぽい格好。

みんな普段のイメージに近い衣装で非常に可愛い。
さゆみんはリボンに引き続き、「うさちゃんピース」も披露するし
娘。たちの魅力も十分に表現できていた。

一方、今回一番残念だった事。それは客のマナーだ。
俺はゲネには参加していないが、ゲネの時は演技の途中、
台詞に対して返事を返すような人が居たらしい。

最終日でも同じように花梨がおじいちゃんと小説家に対して
恋愛の対象にならないという台詞を話す所で
「俺は?」と声を出す人が居た。

はっきりいってこれは論外だろう。
マナーが悪いを通り越してルール違反だ。

これは例えるならコンサートでマイクを持ち込んで、
ステージ以上の歌声を上げているようなものだ。
つまみ出していい。

最後の挨拶の時に声を掛けるぐらいはいいと思うよ。
小芝居をしているときに手を振るぐらいの事も目をつぶろう。
マナーのボーダーは人によってまちまちだとは思うけれども、
明らかに超えてはいけない線は存在するはずだ。

もう一つの事例が、舞台挨拶の時にトッキーに掛けた言葉。
具体的な台詞は書かないけれども、
先日あったトッキーのスキャンダルに関わる内容だ。

俺は娘。ファンで、トッキーは他の4人に比べたらあまり知らないし
知らないから娘。に比べたら好きという気持ちは少ないよ。
しかし一生懸命に演技をした人にそんな台詞を掛けるのは信じられない。

世の中にはそういう心無い台詞を掛ける人が実際に存在する。
本人が良かれと思ってやったのならまだ救いようがあるが
(それもかなり問題だし、結果的には許されないことである)
悪意がある事を理解したうえで声を掛ける、救いようの無い人も居る。

そんな人は1000人に1人程度だと思うのだが、わずかな人のために
多くの人が不快な思いをしたり、みんながそういう考えだと思われてしまう。
非常に残念な事だ。

この下りについてはトッキー本人も自身のブログで語っている。
http://ameblo.jp/reiko-tokita/entry-10076461486.html

ブログに書いてしまうぐらいにショックだったんだと思うよ。
平日での舞台挨拶の時は、トッキーに対しての声援が少なくて、
トッキー自身が「アウェー感がある」と語っていた。

その後の公演からトッキーコールが始まる。
大多数のファンは暖かい気持ちを持っているんだよね。
それだけにこの事件は本当に、本当に残念な事だ。

最終公演ではトッキーコールを受けて、トッキーが泣いてしまう。
アウェーの空気が辛かったのだろう。。
初舞台だし練習も本番も辛い事が多かっただろう。
その辛さがあるから余計に暖かさを感じるのだろう。
その姿を見て、トッキーのことも一層好きになったよ。

ちなみに、それを見たれいなはもらい泣きで号泣してた。
最後にサプライズとして共演者さんたちが花束をもってきたのだが、
その時もれいなが一番号泣してた。

そして一言発した言葉が
「おじぎ2やりたいです」

最近のれいなの言葉は心に響く事が多い。
単純に自分の感情をストレートに出しているだけなのだが、
自分の気持ちを言葉に出すのは思った以上に難しい事だ。

れいなはそれが自然と出来るんだよね。
いい意味で余計な事を考えておらず、素直な気持ちで発するから
聞いている人の心に響くのだろうな。


最後に、もう一つだけ残念なお知らせ。
さゆみんの私服姿はミニスカートで非常に素晴らしいのだが、
ゲネ以降は椅子に座る時ひざ掛けを掛けてしまうのだ。

ひざ掛けがかかっていなければ
前方の正面の席からはパンチュが見えたに違いない。
なんたる怪しからんことだ!!!うらやましい

まぁ実際は当然スパッツはいてるんだけどね。
そんな夢の無い事実は綺麗に忘れて妄想するに限る。

もうネタバレも無いと思うが、一応もぐりつつ、内容の紹介もしておこう。
以下は話の内容を纏めたものです。
続きを読む>>
現場レポ : comments (9) : trackbacks (0)

ボン キュッ!BOMB 11/11 愛知厚生年金会館 おつかれいな〜  

えがお42弾娘。ライブ風景写真

また更新が空いてしまったなぁ。週に1回ぐらいは更新したいのだけれど、
4月〜8月の残業時間=10月の残業時間というような状況なので
どうにも時間が無い状態。

そんな状況でもコンサートにはマメに通ってます。
結局、今の所全ての会場には出向いていて、
行かないのは来週の大阪ぐらいになりそうだ。

ということで、11月11日の愛知厚生年金にも行ってまいりました。
この日はれいなの18歳のバースデー。
その前の三重、静岡の時かられいなのテンションはかなり高かった。

会場内はいつも以上に水色のTシャツ率が高い。
れいなが1推しではない人も、この日ばかりはれいなのTシャツを着る。
会場はまさにお祭りムード。

最初のMCで18歳最初のコンサートに対して意気込みを語るれいな。
れいなの中では「永遠の13歳」という気持ちがあるらしく、
デビューした時と同じ気持ちでいたい、大人になりたくない
という気持ちがあるらしい。

それでも18歳になったから、18歳らしい所を見せたいという話を
数回のMCで何回も語っていた。

れいなは元々MCが得意でなかったことは何度か書いていると思うけれども
今のれいなはMCも上手になったと思う。
自分が出来る事、出来ない事を理解して、無理に背伸びをしすぎず、
自分の正直な気持ちをぶつけてくる。

元々はファンがいつも言っていた「おつかれいな」を、
「眉毛ビーム」とか「うさちゃんピース」のような
自分のキャッチフレーズとして使っている。

色じれの握手の時は4人連続で「おつかれいなー」って言っても
きょとんとしていたのになぁ。
そういうことをたくさんの人がやっていたから覚えたんだろう。

コンサートの方は、昼公演の「かっちょいいぜ!」の曲紹介の後
ハッピーバースデーが流れる。
これはガキさんの時と同じ演出なので、れいなも驚くと同時に、
隣にいたガキさんを指差して大喜びしていた。

全員でハッピバースデーを唱和。
やっぱりこういうのは会場に一体感があって素晴らしいね。
素晴らしいんだが、一つちょっとふざけた事をした人が居た。

ハッピーバースデーの唱和が終わった時に舞台に物を投げ込まれた。
恐らくはサイリュウムだと思う。もしかしたら投げ込む意図はなく、
単に高まってすっぽぬけただけかもしれないが
事実として投げ込まれたのは確かだ。

あの時のさゆみんと亀井の表情は、そりゃかなり険しかったよ。
(MCの時と同じ立ち居地なので、端からガキさん、れいな、さゆみん、亀)

舞台の手前ぐらいで落ちたから大事にはならなかったけれども
もし本人に当たったりしたら大変な事になる。
本人たちも怯えてたし、本当に自重して欲しい。

アンコールはもちろんれいなコール。
夜公演では恒例のサイリュウム祭りで水色一色に染まる。
俺も会場の外でサイリュウムを貰って参加したのだが、
用意してあったほぼ最後のサイリュウムだったようだ。

用意していたサイリュウムが完売するくらいに、
みんなでれいなをお祝いしたかったということだ。
準備した方々、大変お疲れ様でした。
さゆみんの誕生日はコンサートと重なら無いんだよ。

アンコールで出てきたれいなが、夜のサイリュウム一色を見て、
飛び跳ねて喜んでいた。
あれだけ喜んでくれると、ファンの皆もとても幸せな気分になれる。

昼公演も夜公演も、全員退場した後にれいな一人だけ舞台に戻ってくる。
昼公演の時は、れいなが「おつかれいな〜」と言った後に、
マイクを客席に向けて「おつかれいな〜」。

夜公演は皆に静かにしてと言ってから、マイクを使わずに
「今日のことは絶対に忘れないっちゃ〜」と絶叫。
れいなは自分の気持ちを、すごい喜んでいるけど、それを表現できない
といっていたけれども、十分に表現できてると思う。

声自体はそれほど太いわけではないから後ろまで聞こえたかは怪しいけど
気持ちは後ろまで伝わっただろう。
今回も気持ちのよい公演になった。

次のれいなの生誕祭が6年後になると聞いて
れいなは、ものすごくがっかりしていた。
それもあって今回は特に盛り上がったのだろう。

そんな素晴らしいコンサートだったのだが、
さゆみんの方は逆に大変な事になっていた。
完全に、風邪を引いて喉をやられている。

声はかすれていて、顔色も青ざめており、コンサート中もかなり
つらい表情を頻繁にしていた。咳き込む事もしばしば。
笑顔で頑張ってはいるのだけれども、動きにも精彩がないし、
とにかく辛そうだった。

コンサートに数多く足を運ぶようになって、もう4年ぐらいたつけれども、
今まで見た中で一番体調が悪かったと思う。

見ていて倒れないか、かなりハラハラしたが、
れいなの誕生日という事もあるのだろうか、
それでも健気に出演をして、頑張っている姿には感動した。

曲中は咳き込んだりする事もなかったし、
風邪を引いたという状況の中では精一杯頑張ったと思う。
しかし、本来は体調を崩す事は褒められる事ではない。

特にMCですら擦れてしまうあの喉の状況では
歌を歌うのはかなり難しい状態だろう。

もし、これが愛ちゃんやれいなだとしたら、
コンサートへの影響は大きかったに違いない。
今回だけは出番が少ない事が利点になった。

人間だから体調を崩す事もあるし、仕方の無い事ではある。
それでも、プロとして、歌手として活動しているからには
やはり気をつけなくてはいけない事だ。

という事を一通り説いた後、「よく頑張ったね」と
抱きしめてあげたい、そんな心境です。

立場をわきまえろって?
聞こえんな。

ラヴ&ピースで、いつも愛ちゃんにキスしようと企むさゆみんだけれど
今回はさすがにキスをしようとしなかった。
代わりにスカートをめくってパンチュ覗いていた。
うーん、うらやm・・い、いや、何でもないよ。
俺なら喜んでさゆみん風邪を感染してもらうんだけどなぁ。
現場レポ > ボン キュッ!ボン キュッ!BOMB : comments (2) : trackbacks (0)

ボン キュッ!BOMB 10/20,21 東京厚生年金会館  

ボンキュBOMBピンポス2

どうも、大分更新が空きました。
結局、アメリカ出張は何とか回避し、
文化祭は2日目だけ行く事が出来た。

その代わりといっては何だが、先週には香港出張があり
仕事面が忙しくて更新が滞っている状態。
この状態は今年度いっぱい続きそうなんで辛いな。

文化祭を含めて、コンサートなどイベントには
かなり参加できる予定なので、つまりは優先順位の問題。
俺の場合は現場の優先度が高いので、更新作業は後回しになってしまう。

これは以前からそうで、現場のある土日は更新している日はかなり稀。
つまりは平日にどれだけ時間が取れるかが更新する上で重要になる。
一回の更新は平均2時間ぐらいなので、忙しいと中々できないのだ。


先週の東京公演は、3公演参加してきました。
今日はその感想について書きます。
東京公演が終わったので、これからはネタバレを気にせずいくよ。

まずは、20日。この日はガキさんの誕生日。
ガキさんの話だと、誕生日にコンサートが重なったのは初めて。
会場はガキさんのテーマカラーである、緑のTシャツで埋まっていた。

Hand Made Cityが終わり、美勇伝の紹介をした後、
ガキさんがいつものように「それでは次の曲!」と紹介。
本来はカッチョイイゼ!JAPANだが、ここでハッピーバスデーが流れる。

これはガキさんには知らされていないサプライズ。
ガキさんは「ええー?!」っていう反応をしつつ、
とっても喜んでいたよ。

アンコールでは、会場の至る所に「誕生日おめでとう」の
メッセージボードが上げられる。
モニターにも写されていて、最後のMCでもガキさん泣きそうだったね。

夜公演は俺は参加していないのだけれども、
同じくアンコールのときに緑サイリュウム一色にしたみたい。
今度はモニターに映さず、HELLO TO YOUで登場して初めて見せる。
ガキさん号泣。

ポケットモーニングのツアー日記で
ガキさんがこの日の公演について触れている。

みんなありがとぉ〜〜♡♡



もぉ〜〜〜

今日10月20日のコンサートは言葉では言い表せましぇん

と、言う事でみなさんさよならぁぁぁ

なんちゃってぇ

でも本当にそんな気持ちなんですが、お家に帰ってきていまだに感動にひたってます。。♡

19年前の10月20日の朝8時8分にいいお天気に恵まれて産まれたそうなんですが、今日はモーニング娘。に加入してから6年がたって7年目にして♡初♡お誕生日当日がコンサート♡♡と言う事で。。みなさんにありがとうを言っても足りないくらい本当にありがとうございました。。

まず今日の一回目の時、次の曲行くと思ったら聞き覚えのない曲がかかって、はじめ何の曲かわからなくて「???」ってなってたらみんながサプライズでバースデーソングが流れてお祝いしてくれて。。

メンバーみんなとマネージャーさん、スタッフのみなさんが私のために色々考えてくれたんだぁ。。って思うだけで心があつくなって涙 涙でした

みなさんがくれたバースデーソングも温かかったなぁ。。

そしてアンコールでのガキさんコールと共にスクリーンにうつるみなさんが一生懸命作ってくれたバースデーメッセージ♡♡♡着替えた後ずぅっとスクリーンを見て感動してました♡沢山のメッセージ本当にありがとうございました♡みなさんの愛を感じました♡

そして、二回目前の楽屋でのメンバーサプライズ。。みんなが楽屋に居ないなぁって思ったらいきなり『19』っていう緑のロウソクがついた可愛いケーキを愛ちゃんが持ってメンバーみんなが楽屋に来てまたまたサプライズお祝い♡嬉しかったぁぁ♡♡みんなでケーキ食べたょ

そして二回目!

アンコールでガキさんコールしてくれてて、「うれしぃなぁ。幸せだなぁ。。」って思ってステージにあがったら会場がきれいなみどりのサイリウムで包まれてて。。これは本当にもう立ってられなくなるほど、感動して涙が止まりませんでした。。

私、みなさんに出逢えて本当に良かったです。。

こんなに温かいみなさんがいつもそばに居てくれるんだぁ。。って思ったら怖いものがなくなりました。。

産まれてきて良かったぁ

ママありがと〜って感じです

これからもみなさんと一緒にたくさんの思い出つくっていきたいな(*^^*)。。

今日は素敵なプレゼント。。どうもありがとうございました♡今日の事一生忘れません!

みんな大好きぃ(*^_^*)



東京公演からセットリストに一部変更があった。
まずはSEXY BOYが新曲の「みかん」に変更。
21日からは、WASSUPが「ぎゅっと抱きしめて」に変更された。

みかんはアゲアゲというより、前向きでポジティブな曲。
歌詞からは何故「みかん」なのかわからなかったが、
それは発売されてからじっくり聞いて考えるとしよう。

女に幸あれ、悲しみトワイライト、笑顔YESヌードでは
さゆみんのパートがほぼなかったが、今回はソロパートがある。
長くは無いけどね。

スタートと最後のセンターは小春。
1番のAメロメインが高橋、サブが亀井、Aメロラストで道重。
Bメロの最後が久住。
2番のAメロメインが田中、サブが亀井、ラストで道重。
Bメロの最後が光井、というパート割。
大サビは高橋。

小春の扱いは、幸あれと同じ感じで、メイン高橋、
次いで田中、そして亀井と最近のパート割の流れ通り。

サビで指を突き上げるところや、こぶしを上げるところなど、
ポジティブな曲で解りやすい。


WASSUPは、同じミニモニ。の曲である、ぎゅっと抱きしめて FOREVERに
変更される。完全に高橋ソロで、小春とさゆみんは出てこない。

前のエントリで書いたが、WASSUPのさゆみんは
パートこそないものの今回の見せ場だと思っていたので、
個人的にはこの変更は残念と言わざるを得ないかな。

ただ、今回のツアーで初めてのバラード曲であり、
このツアーの欠点であるバランスの悪さが改善された変更なので、
さゆみんに拘らなければ、よい変更だと思う。

これでさゆみんの最大の見せ場はMCという事になったな。
MCはMCで楽しみだけれども、
やはりモーニング娘。だから、MCではなくて曲で見せ場が欲しい。

そのMCについて。恒例の秋といえばコーナー。
20日昼。お客さんに向かって
道重「お弁当に入っている笹の事をなんていうか知ってます?」
道重「うっわーー、知らないの?」
道重「○○って言うの」


何と言っていたか忘れた。
自分で調べてみたら、バラン(葉欄)というらしいな。

道重「紐みたいなヤツなんていうか知ってます?」
道重「へー、知らないんだ」
道重「○○って言うの」


何について言っていたのかも解答も忘れた。
とにかく、ムカツク言い方という事だ(笑)
こういうトーク、面白くていいと思うよ。

娘。のトークは教科書通り、優等生の人が多いが、
矢口さんみたいに色々と幅があった方が面白い。
さゆみんもこういう幅のあるトークをしてくれると嬉しいね。
小生意気さが心地よい。

このコーナーでは、さゆみんに続いて、ジュンジュンも面白い。
日本語はまだ不自由だけれども、ボケてくれたり、
さゆみんにやり返したり、可愛いね。
リンリンももうちょっと色々話してくれると面白くなるかな。

21の昼はジュンジュンにブドウや運動の発音を教える。
相変わらず正解は「道重さゆみ」。今回の理由は、
秋といえば学問の秋、学問といえば学校、学校といえば7不思議、
7不思議といえばピアノ(訛っている)が勝手になったり、
ガイコツが勝手に動いたりする、でも大抵7つは無い、
モーニング娘。の七不思議は道重さゆみがかわいい事、
だから正解は「道重さゆみ」でしたー!

ここの流れは毎回毎回違っていて、いつも良く考えてくる。
その後必ずジュンジュンに振るので、
ジュンジュンとは打ち合わせをしているのだろう。

文化祭が終わり、エコモニ。の仕事も終わったから、
今後も色々変えてくるだろうと期待している。
もっとも、今年の文化祭はあまりエコモニ。の仕事はなかったけどね。


その他の気づいた事。
ガキさんはまだ膝にサポーターをつけている。
とはいえ動きはもう元気いっぱいなので、念のためだろう。

他にも絵里が膝にサポーターをつけていた。
こちらは関節を守るというより、絆創膏に見えたので、
恐らくは打ち身かなにかかな。

WASSUP?ではさゆみんと小春がバックダンサーとして踊っていたけど
この振り付けの意味をMCで語ってくれた。

どうやらこの2人は愛ちゃんのガードマンという設定らしい。
ガードマンなんだけど、愛ちゃんのことが好きになってしまう。
それで悶えちゃうのを、相方が一生懸命なだめる、という動き。

今回のツアーはマイクトラブルが多い。
大阪、神戸のどちらかでは、いきまっしょい!の時に
ほとんど全員のマイクが入らないトラブルが発生。
とっさにファンが歌ってフォローをするという一幕があった。
(おかげで被せだろうと疑っていたこの曲が、
ある程度きちんと歌っているということもわかった)

東京でも愛ちゃんとガキさんのMCでマイクに雑音が入ったり、
MCで梨華ちゃんのマイクが入ってなかったりと、
音響面でのトラブルが多い。これはきちっと対応してほしいね。


10/20、21の東京公演で、今回のツアーも折り返し地点。
まだまだれいな聖誕祭を初めとして、色々な出来事が起こると思う。
全部は無理だけれども、なるべく沢山の公演に参加したいな。

あと、本日10月23日は俺の誕生日だったりもする。
誕生日ぐらいは更新しないとね!
プレゼントには俺の喜びそうなものをお願いします!
現場レポ > ボン キュッ!ボン キュッ!BOMB : comments (8) : trackbacks (0)
<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 /31 >>
NEWS!!(楽宴
最新記事
最近のコメント
最近のトラックバック
Categories
過去ログ