<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >> 登録

2nd W  

3/8公式

今日は原宿と渋谷のハロショに行って来た。
目的はB2ポスター。これ買いそびれてたんだよ。
あと3/8発売のさゆ写真ね。

で、やっぱり売り切れてた。この間上野でも売り切れてたからもうダメポ
おかげで出社14:00とかいうダメサラリーマン。
さゆ以外のはほとんどあるのに・・クソ。俺以外のさゆオタは死んでいい。

---------------------------

さて、また音楽に対する知識もセンスもない俺がレビューしちゃいます。
レビューというか、単なる感想ともいうw
今回はWのセカンドアルバム、「2nd W」です。

前回の「デュオU&U」は、往年のデュオ曲をカバーしたもの。
従って、ハモリ曲が中心であり、
現在ハローではハモリがほとんどないので、すごい気に入った覚えがあります。

それに対して今回のはオリジナルアルバム(恋のフーガはあるけどね)
ハモリは多くないです。ちょっと残念。

でも、実はコンサのときハモリってコールしにくいんだよねw
あいぼんいったらいいのか、ののたんいったらいいのか、
わかりゃしない。

だからコンサには今回みたいな
パートを交互割の形がやりやすいんじゃないかな。

で、まず1番最初に印象に残った事。
  • デコボコセブンティーン

  • 18〜My Happy Birthday Comes!〜

  • 十七の夏

  • 17才よさようなら(ARRIVEDERCI)


・・・呆れるぐらい年齢の歌が多い。
「まだもうちょっと甘えていたい」も似た臭いのある題名だし。
そんなに年齢の事がテーマならアルバム名もそれに関係させればいいのに。

  • 「Wのテーマ」
    テーマといったら、メロン記念日や、ハローのテーマが有名。
    Wのテーマはちょっとパンチがよわいな。
    やっぱメロンのが最高かな。

  • 「デコボコセブンティーン」
    このアルバムで一番気に入った曲。完全にパートは交互。
    力強いのんの声と、やわらかいあいぼんの声が対照的。
    ほんとこの二人は似ているようで凸凹なコンビですよ。

  • 「五月雨恋歌」
    バラード。ハモリと裏パートを使ってるちょっと珍しい曲。
    メインはあいぼん。これは生のコンサで聞いてみたい曲かな。

  • 「抱きしめないで〜日記付き〜」
    バラード。途中の台詞の「スキ」連発は萌える。
    でもこの歌声は個人的には余り好きじゃない。
    のんは可愛い声よりパワフルな声の方が好きです。

  • 「打武留友女子高等学校高歌」
    題名からして色物のにおいがプンプンする曲。
    なんですか、この魁!男塾みたいな題名は。
    「望み信じて愛あらば」とかの歌詞は狙ってますね。
    俺のハートには届かない曲だった。
    震えるぜハート!!燃え上がるほどヒート!!って曲が欲しいな。


  • 「18〜My Happy Birthday Comes!〜」
    ちまたで評価の高いこの曲。
    俺はデコボコセブンティーンのほうが好きだけど、この曲もいいね。
    ずっと先だと思ってた・・終にやってきた・・
    本当にもう18歳なんだなぁって感じさせられる曲。

  • 「INTERLUDE」
    これは、恋のフーガと十七の夏をつなぐ場所なんだけど、
    カラオケで歌っているという設定で恋のフーガがおわり、
    次の曲(十七の夏)いってみよう!っていうストーリー。

    アルバムにストーリーを持たせるってのはよく聞くけど、
    それを力技でやってしまうという、なんとも無茶苦茶。
    Wの元気でハチャメチャな所は上手くでてるなw

  • 「十七の夏」
    軽快な曲。コンサで盛り上がりそうな曲だね。
    題名は「じゅうしちのなつ」だけど、略名は「セブサマ」らしい。
    Wはバラードより元気な曲のほうが合うよなぁ。

  • 「17才よさようなら(ARRIVEDERC)」
    ARRIVEDERCってなんだ?と思って、調べてみた。
    イタリア語で、「アッリヴェデルチ」とよみ、
    さようなら、ではまた、また会いましょう という意味らしい。
    「See you」って所かな。

    で、なんでイタリア語??

  • 「まだ もうちょっと 甘えていたい」
    いかにもコンサのラストにきそうな曲である。
    俺はどちらかというと、あいぼんに甘えたい・・・
    甘えるならののたんよりあいぼんだよな?


俺は楽曲を論理的に評価する事なんてどうやっても無理だから
こんな程度にしか書けないな。

結論なんだけど、やっぱりコンサで聞いてみないとわかんないわw
山吹色の波紋疾走には至りませんでした。
ネタわかんねーやつ多そうだな
レビュー : comments (0) : trackbacks (0)

W「恋のフーガ」  

ピンク大好き
平日・休日ともに日中は忙しく、
TVは娘。ドキュメント以外はリアルタイムで見れない。
で、ため撮りしておいて、気の乗ったときに一気にみる。

ということで、PJ,ハロモニ(1/30),Mステと一気にみた。
この3つに共通する物=「恋のフーガ」です。

俺は元々音楽の造詣が深くないので、
曲のレビューなんておこがましいんだけど、
俺なりの言葉でやってみるよ。
母親は音楽大学でている生粋の音楽家なんだけどなぁw

まずは衣装。
恋のフーガ(Mステ)
うーん、エロイです

純白な清楚な雰囲気をだしつつ、超短いスカート。
このギャップが萌える。足がエロ過ぎる。
なんだこの白いメイドさんみたいなストッキング(なんつーのこれ?)
太もも丸見え!こりゃエロイ。

あいぼんパンチュ
あーこらこら、あいぼんあいぼん。
もう少し動くとパンチュがみえちゃうよ!!


楽曲。
これ、すぎやまこういち作曲ですね。
すぎやまこういちと言えば、ドラクエシリーズの音楽や、
競馬のファンファーレを作曲した事で有名。

サビのパートが別れる場所は、
低音がののたんで、高音があいぼん。
そう、この声です。俺が好きな辻の声は。

辻のこの声が聞けるだけで俺の中では良曲と認定されます。
まぁ、ちょっと古い感じはするし、
聞いた事ある曲だから新鮮味はないけどね。

振り付け。
恋のフーガ(PJ)

このマイクを出しあう場所。ここがなんとなく好きだな。
やっぱりこの二人は二人揃ってこそ魅力を発揮すると思うんだよね。
こういうシーンってコンビってのを意識させる。

二人がこうやって息の合った所を見せてくれるだけで
ぼかぁ幸せなんですよ。
心あたたまる瞬間。

------------------------------

結論。
W推しで、のんの声が堪能でき、あいぼんのパンチュが見える。
故に良曲。反論は受け付けない。
レビュー : comments (3) : trackbacks (0)
1 /1
NEWS!!(楽宴
最新記事
最近のコメント
最近のトラックバック
Categories
過去ログ