<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >> 登録

レインボーセブン 5/6,7 in さいたまスーパーアリーナ  

ハロモニ21.jpg

モーニング娘。コンサートツアー春、レインボーセブンの最終公演である、
さいたまスーパーアリーナの土日3公演に行って来ました。

席は200LV、300LVまでで400LVは開放せず。
天井が下がっていて、400LVは見えない状態。
そのため一応埋まっているように見える。この施設作った人すごいな。

ステージ構成は、普段のステージセットに加えて中央にサブステージ。
そこに続く中央に花道という構成。
普段のステージセットが割りとこじんまりしているので、
今回のツアー内容にしてはちょっと舞台が広すぎるかな、という印象。

大阪の日曜日(4/30)からそうなのだが、
MCはオーソドックスな台本どおりに戻る。
これはSSAでDVD収録があるからだろう。


℃-ute オープニングアクト
今回のSSAならではのイベントとして、
オープニングアクトに℃-uteが新曲「まっさらブルージーンズ」と、
「わっきゃないZ」を披露。

まっさらブルージーンズはかなり激しい振り付けで、
℃-uteさんたちの気合と練習具合が伝わってきた。
新しいユニットは、まず目で楽しませてくれる。

現代人は視覚から得る情報が一番インパクトが大きいので、
これは悪くない戦略だろう。

あれだけ激しい振り付けであるがゆえに、
当然曲披露のあとのインタビューで完全に息が切れていた。
ほぼ間違いなく口パクだろうな。

Berryz工房も最初は口パクだったし、レインボーピンクもそうだし、
口パク=ダメというわけではない。

いや、ダメといえばダメで、それが今の正当な実力なので、
やはり生歌で出来るようにパワーアップして欲しいと願う。お互いに。
Berryzも成長して、生で歌えるようになったのだから。

口パクでもいいから確かなパフォーマンスを見せるのと、
パフォーマンスの下がった生歌とどちらがいいかは難しい問題だな。
人に見せるという意味では前者の方がいいかもしれないけれども、
ファンとしては後者の方が見たいだろう。

口パクという段階ですでに最高のものは出来ない。
生歌で、かつ高いパフォーマンスを発揮するのが理想であり、
プロである以上そこを目指していって欲しいものです。

紺野あさ美
MCは最初に述べたように、基本の台本の形に戻ったけれども、
こんこんとマコの卒業に関しては大阪と同じコメントが出る。
こんこんは更に誕生日なので、ハッピーバースデーをみんなで歌う。

今回はこんこんの誕生日企画で、ピンクのハンカチを配っていました。
それをMC中に出そうという話ですが、これがまた難しい。

狙いとしては、サイリュウムは明るくなると見えなくなるので、
明るくなっても伝わるようにしたい、という所だと推察するのだけれども、
スタンド席から見ていてが、目だっていなかった。

配布するときに、ボードのように頭上にあげないように、
と書いてあり、それは当然の配慮である。
ただ、そうなると目立たないという矛盾を抱えてしまう。

目立つ事が重要な事ではなく、伝わる事が重要なことなのだ。
マスコミには伝わっているみたいだし、
きちんとメンバーにも伝わっていたかもしれないな。

形としては成功ではなかったのかもしれない。
それでも想いは絶対に伝わっているはずだ。決して無駄ではない。
その場で伝わらなくても、いつか絶対に伝わると思うよ。

ここで大成功してしまうと、代々木最終で更にハードルが上がるだろうし、
まだ想いを伝えるチャンスはある。
今回の事を経験にして、次は更にいいイベントにしたいね。

寂寥感
春ツアーが終わったわけだけれども、不思議とその実感がない。
いつもはツアーが終わるとかなり抜け殻のようになっているのだが、
なぜ今回はそういう気分になっていないのだろうか。

それは、やりきった感がないからかもしれない。
その一番の理由は、やはりこんこんとマコの卒業のこと。
発表が大阪公演の直前では、心構えも、準備も、する暇がない。

何かまだツアーが終わってないような気がしてならない。
これで今の10人の娘。コンが終わり?
まったく実感がわかない。

もうちょっと時間が欲しかった。
もっとこんこんとマコを心に刻み付ける時間が欲しかった。

青空の10人
最近色々話題になっている「青空の10人」という言葉。
これについても少し触れておこうと思う。

この言葉の表す物は、今の娘。メンバー10人と、その活動期間。
それ以上でもそれ以下でもないと思っている。

これと黄金の9人とを比較するのは意味があるとは思えない。
そりゃ、実績で言えば黄金時代の方が明らかに上である。
最初にこの言葉を提案した人の意図は不明だが、
俺はこの言葉で時代の優劣を争うのはバカげていると思う。

そうではなく、今の10人時代を記憶にとどめよう、
忘れないでいよう、それだけの事だと思う。
だから、今の10人が最高という意味でもない。

ただ、Best Of Japanからレインボーセブンまで見てきて、
今の10人の形が一つのモーニング娘。の形として、
印象的なものである、と俺は感じている。

リーダーとして開花したよっすぃ。
競い、助け合いながら表に裏に娘。を支える5期4人。
活躍の場が増え、次の時代を確実に感じさせてくれる6期。
天真爛漫でまさに娘。の末っ子という感じの小春ちゃん。

別に今の時代でなくても、どの時代でも、形は出来上がっている。
今のこの形がベストなわけではないが、
俺にとってすごく思い入れの強い形である事は間違いない。

そして、恐らく、そう共感する人がある程度居るからこそ、
この言葉が広まったのではないかと思う。

コンサート内容
DVD収録があるためか、久しぶりに全員ブーツで集合。
下手したら越谷以来かもしれない快挙。
やっとブーツの隠し合いにも終止符が打たれたようだ。

会場は縦長で、正面のスタンド席に行くと相当遠い。
いつもの事だが、アリーナはフラットなので、見難い。
やはり見る分にはホールの方がいいな。

℃-uteの2曲はサブステージで行う。
娘。でサブステージを使うのは、
・大阪恋の歌
・レモン色とミルクティ、
・青空ががいつまでも続くような未来であれ
・女子かしまし物語3
・さよなら SEE YOU AGAIN アディオス BYEBYE チャチャ
ぐらい。

大阪では悲壮感があったけれども、今回は特に感じなかった。
みんなツアーラストという事もあり気合が入っていた。

ただ、土曜日と日曜の昼は歌詞を飛ばすところがあり、若干ミスが目立つ。
気合の入れすぎか、小春ちゃんは音を外すしね。
DVD収録あるのに大丈夫なのかな、と思ってしまった。

さゆみんもいつもどおりにはしゃいでいた。
髪型は基本のうさちゃんヘアー。
曲中にはしっかりとうさちゃんピースを入れていた。

俺もツアー最後ということで、やり残しのないように完全燃焼。
特にレインボーピンクではしっかりとピンク色に染まってきました。

この二人でやるレインボーピンクは最初で最後の可能性が高い。
ハロコンなどでやりそうな曲だが、その時は歌う人が違うだろう。

小春ちゃんとさゆみんのレインボーピンクは、
(それで正解なのかもしれないけど、)ダンスがチグハグだったり、
口パクの箇所が多かったりと、決して満点はあげられない。

それでも、重ピンクとこはっピンクで表現したレインボーピンクは
確かに存在するし、この二人にとって、
レインボーピンクは大事な曲になるに違いない。

この曲において、さゆみんは終始余裕がなかったな。
最初に比べればそれなりに余裕は出てきたが、
まだまだいっぱいいっぱい。

最初と最後でどれだけ成長したかが楽しみで見ていた。
いかに可愛く見せるか、ピンクにするか、という点で大分成長したと思う。
表情がかなりよくなったね。なりきりともいう。

一部の人は別の意味でピンクに染まっていたようだが・・・
お前らそんな目でさゆみんを見るんじゃない。
心眼で見れば、いつだっていろんなものが見えるんだよ。


やり残した感があるので、素直に、お疲れ様!ありがとう!
とは言えない心境なんだよなぁ。
でも何をやり残したのかもよくわからないという心境。
現場レポ > レインボーセブン : comments (2) : trackbacks (0)

レインボーセブン 4/29,30 in 大阪  

4/29,30のモーニング娘。大阪公演に行ってきました。
ホールクラスのコンサートとしては、この春ツアーの最後であり、
それはこんこん、マコにとっても最後のホールコンサートという事になる。

何かの運命なのか、この大阪では強烈な引きを見せて、
4公演で、最前、2列目中央、3列目中央という良席。
本来はこんこんやマコ推しの人に当たってたほうが理想なのだろうけど、
俺は俺なりに彼女たちの姿を見届けてきた。

卒業発表のあと、本来は行く予定でなかったこんこん・マコ推しの人達も
ぞくぞくと会場に集まってくる。
大都市ということもあり、普通の一般人のお客さんも多く、
会場全体が(決してプラスの雰囲気だけではないが)賑やかな状況。

俺の知り合いでも、急遽参戦してくれた方として
あきぃさん(ポップコーンネット)、
しるぴいさん(unfortunate)、
かーぼーさん(ど〜にも、こ〜にも。)、
ぶらんしゅさん(blancheのへたれ日記
の方々にお会いしました。

みなさん、前日はほとんど寝れていなく、徹夜の人も・・・
気持ちの整理もついていない中、
まずは本人たちの言葉を聴きたくて、
また、とりあえずは駆けつけたくて、
少しでも彼女たちの姿を見届けたくて参戦してくれました。
本当にお疲れ様です。

会場に着くと、まずグッズ列が半端じゃなかった。
大阪で新たに追加されたグッズのこともあるけれども、
やはり、一般の人でこのツアー初という人がおおい印象を受けた。
家族連れや、女の子が明らかに地方より多かったからな。

コンサートが始まるり、パープルウィンドのあとの最初のMCで、
よっすぃから皆さんにお知らせが。

さっそくですが、みなさんここでご報告があります。
HPや新聞などで、すでにご存知の方もいらっしゃると思いますが、
紺野あさ美が大学進学の準備のために、
今年の夏のハロープロジェクトのコンサートをもって
モーニング娘。そしてハロープロジェクトを卒業します。
そして、小川麻琴は海外へ語学留学のため
8月のミュージカルリボンの騎士をもってモーニング娘。を卒業します。
マコっちゃん、こんこん、卒業おめでとう。

会場からは拍手よりも
「エーーー!」という声や
「ヤダ!やめないで!!」という声の方が多かった。
多くの人は静観という雰囲気。

メンバーは目に涙を湛えている人も多かった。
愛ちゃん、さゆみん、ガキさんは泣いていた。

そんな中、イマイチ状況を理解していなさそうなのが
小春ちゃん。
まだまだ卒業を実感できる経歴ではないのだろうね。

このコメントを受けて、こんこん、マコがそれぞれコメントを。
こんこん。
モーニング娘。に入ってから
約4年半、みなさんの温かい声援のおかげで
ほんとにいろんな事を学んで、いろんな事を経験できて
そしてもっともっと成長していきたいと思っていて
えー、自分の中で将来こうなりたいっていう姿が具体的に見えてきたので
そのために、一旦このお仕事から離れて大学進学を目指そうと決めました。
夏のハロープロジェクトまで、まだまだまだまだエンジョイしていきたいと
思いますので、みなさん引き続き応援よろしくお願いします。

マコ。
私はですね、
自分の自分で新しいことにチャレンジしてみたいなと思って
留学して勉強することを決めました。
それで、こんこんよりは、あと一ヶ月くらい長くモーニング娘。やるんですけども
残されたモーニング娘。を、精一杯小川麻琴らしく駆け抜けたいと
思っているので、皆さん応援よろしくお願いします。

マコはほとんど泣きそうな状態だった。
このコメントには観客も全員拍手でむかえる。
みんな、やっぱり納得できないし、そう簡単には受け入れられない。
できればやめて欲しくない。もっと活動を続けて欲しい。

しかし、もう決まってしまったことだし、何よりも本人が決めた事だ。
いくら言ってもしょうがない。
だから、拍手で、笑顔で気持ちよく送り出したい。

そんな矛盾した気持ちをみんな抱えていて、
整理できていない状況がよく伝わってきた。
「エー!」や「ヤダ!」も正直な想いでメンバーもわかってくれると思う。

でも、いつまでも「エー!」などの声を上げるのは考え物だ。
大阪ではしょうがないけれども、やっぱり笑顔で送り出してあげたい。
辛いけど拍手で送り出してあげようよ。

コンサートではメンバーのテンションはむしろ↑↑。
これはこんな状況だからこその反作用だろう。
無理にアゲアゲにしているのが伝わってくる。

さゆみんはいつも以上に愛想がよかったし、
応援しているみんなも、楽しもうと頑張っていた。
やっぱりちょっと悲壮感が漂った公演だったかな。

そんな中いつもとかわらないのが小春ちゃん。
いつもどおりに天真爛漫な姿を見せてくれる。

相変わらず動きはキモキャワイイし、
コメントは放し飼いされているかのように天衣無縫。
これが今の小春ちゃんの魅力を最大限に引き出している。

そんな無邪気な小春ちゃんの姿に、逆に救われた気持ちになった。
ショックなことはショックで当然気持ちに響くのだけれども、
それに引きずられないで、コンサートを楽しもう、
そんな気持ちにさせてくれた。

土曜夜のMC。
川o・-・)いつまでも忘れないで下さい
この言葉にはぐっときた。

やっぱりこんこんも決めた事とは言っても、
これまでに培ってきた思い出は大事なんだろうね。
忘れるわけないよ!あー、切ないねぇ・・・。
現場レポ > レインボーセブン : comments (0) : trackbacks (0)

レインボーセブン 4/16 in 北九州  

05remenberMusume.jpg

今日は北九州のレポート。

1.スターフライヤー
いきなり帰りの話だけれども、
3月に開港した新北九州空港からスターフライヤーを使った。
革張りの座席、タッチパネル、フットレスト、コンセント、ビールが無料
といったように、サービスはかなり充実している。

新興だからやはりサービスで印象を稼がないとつらいのだろうね。
しかし、肝心の飛行機は出発が30分近く遅れて、
結果的に羽田に着いたのは終電ぎりぎりに。
どういう事情があったのかはしらないが、これはいただけないな。

2.れいな地元
北九州は福岡県ということで、れいなの地元。
友達同士で絶対れいなは昨日あまり寝れなかったよ、とか話していたら、
やっぱり最初かられいなのテンションがおかしい。

ずっとソワソワしているし、MCでもかなりはっちゃけていた。
从 ´ ヮ`)いつものれいなじゃないけど、これから出てくるから!
从 ´ ヮ`)トークが苦手で、よく落ちがないといわれる
从 ´ ヮ`)緊張はしてない

と、どうみても緊張している様子。

れいながトークが苦手なのは確かだけれども、
昔はそれゆえに黙って何も喋らない(同じ台詞を言う)事が多かった。
自信の無さが表に出ていた。

今でも面白い話題を言ったり、気の利いたことを言う技術は
それほど変わっていないだろう。でも、今はこうやって
自分の気持ちを素直に表す事が出来るようになっている。

元々れいなは自己表現がすごい苦手だった。
その意味で奥手といっていいだろう。
だから、最初は生意気に見えたり、ヤンキーだと思われたりした。

それが最近ではよく笑うようになったし、
コンサートでの動きも今はかなり生き生きしている。
あれは・・・かなり可愛い動きをしていると思う。

どこが可愛いと感じるのかは、自分でも分析しきれないな。
女の子っぽい、ちょっとブリブリしたような要素もある。
一番可愛いと所はその時のれいなの楽しい気持ちが伝わってくる所かな、
と感じている。

あとは、写真にももうちょっと表情を出してくれるといいのだけどね。
一番最近の、メイキング生写真のれいなは綺麗なウインクをしている。
いつも同じ表情が多いれいなにしては珍しい。
本当は笑顔で写って欲しいのだけれどもね。

( ・e・)田中っっちの家からも差し入れをたくさんいただきまして、スフレとか
从 ´ ヮ`)あと明太子パイ
( ・e・)なんで「パイ」だけ強調してるの?
ノノ*^ー^)ニヤニヤ

パイを強調するれいなに強い欲望を感じた。
思わず突っ込むガキさん、パイに反応して笑いだすえりりん。
三者三様それぞれ個性的で色々妄想しちゃうなぁ。

世界中のおっぱいが小さくなーれ♪
   *'``・* 。
   |     `*。
 ,。∩ ノハヽ  *
  + (´ヮ ` 从*。+゜  
  `*。 ヽ、  つ *゜*  
   `・+。*・' ゜⊃ +゜
    ☆   ∪~ 。*゜
     `・+。*・ ゜

3.マナー
なぜだか解らないが、北九州会場ではマナーの悪さが目立った。
ボードを頭上に掲げる人、ありえないぐらいに通路に出たあげく
通路に座り込む人。盗聴していて係員につまみ出される人。

れいなの凱旋だから、ある程度はっちゃけるのはわかる。
が、これらの人は決してれいな推しだけではなかった。

普段あまり見ない人が多かったので、
恐らく九州のファンの方が多く来てくれたのだと思う。
あまりこういう事をやると、地元の評判が落ちてしまうよ。

土地柄で判断されるのと同じように、
推している子にも同様の印象を抱かせる結果になる。
「これだから○○ヲタは・・・」といわれてしまう。

俺も決して周囲に迷惑をかけていないかと言われれば
そんな事はないと思う。推しジャンプもするし、
ボードを出すときもあるし(もちろん後ろの人の視界はさえぎらないよ)
フリコピもする。

それでもなるべくTPOは考えるし、
周囲の人になるべく気を使うようには心がけている。
何を持って不快と思うかはわからないから、
どうしようもない点はあるけどね。

何よりも応援している子に迷惑がかからないように心がけたい。
欲望だけでなく理性も働かせないといけないな。
・・・パンチュ覗くのはアウトだろうか?

4.ダジャレ
アンコール後のMCでは
从*・ 。.・)こくラブ♥

またダジャレです。
こういうダジャレを聞いていると、Best of Japan秋を思い出す。
今回のツアーはれいなの事でも、さゆみんの事でも
このツアーがフラッシュバックする。

Best Of Japanの総括を見てみると今と同じような感想を書いている。
1年半も前の文章なので、今とスタイルも違って恥ずかしいけどね。
この時はまだinfoseekでも、ブログでもなく、日記だったからな。
パンチュに目覚めたのはこの2ヵ月後。
この時から読んでいる人は恐らく20人程度だろう。

当時は飯田さん卒業間近。滋賀では感動的なファイナルを迎えた。
飯田さんとさゆみんは非常に仲が良かった。
飯田さんもダジャレをよく言っていたので、
さゆみんはそれを見習ったのかな、と思ったわけだ。
もちろん、もともとダジャレ好きというのはあると思うけどね。

今回のツアー後半でダジャレを良く言うようになったのを見て、
ここにも娘。の魂の継承があったか、と娘イズムを感じた。
今後もステキなダジャレを連発して欲しいね。

俺の周りでは、MC中推し面が言った失言の責任を取る、
という風習があるので、MC中にボコボコにされる事は間違いなさそうだ。
現場レポ > レインボーセブン : comments (3) : trackbacks (0)
1 2 3 4 /4 >>
NEWS!!(楽宴
最新記事
最近のコメント
最近のトラックバック
Categories
過去ログ