<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >> 登録

2006 Summer ワンダフルハーツ 代々木 7/23 その1  

ワンダコン大阪限定

ハロコン代々木3公演を見てきた。
気が付くと全部見ている。お金節約するはずが・・・。
といっても来た席でみてるだけだし、たいして出費してないけどね。

さて、色々書きたいことはあるけれども、
まずはやはり卒業セレモニーについて触れたいと思う。
恐らくここが多くの人が一番興味を持っているところだと思うしね。

日曜日の公演はこんこん、マコはスペシャルな衣装で登場。
白いフワフワのスカートに黒いリボン。
やっぱり年頃の女の子だからこういう可愛い衣装は似合うね。

セットリストは辻ちゃんの事故のために一部変更はあったが、
卒業に関して特に追加曲などはなし。

まずはAmbitious!野心的でいいじゃんの後に二人が
メッセージ(手紙)を朗読する。

マコが読んでいる間、こんこんはずっと涙ぐんでいた。
マコも何度も泣きそうになるのを堪えながら、
頑張って朗読していた。

自分も卒業なのに、こんこんの卒業の事に多く触れていた。
本当にこんこんのことが大好きなんだね。

一度泣き出したら崩れ落ちそうなのが手に取るように伝わってきて、
最後の緊張の一本を切らない様に読んでいる姿は
とても健気で格好良かった。

こんこんも、これまでの想い、これからの想いを
最後までしっかりと自分の言葉で語ってくれた。
もうこんこんの笑顔を見れないかと思うと、やっぱり寂しい。

そのまま好きな先輩へ。
始まる前はきちんと歌えるのか心配していたけど、
二人ともよく頑張ってきちんと歌い上げていた。
この時、一番泣いていたのはガキさんだった。


そして卒業セレモニーに。
花束贈呈の後にメンバー一人一人からメッセージが贈られる。
亀井、久住、道重、田中、高橋、新垣、藤本、吉澤という順番だ。

今一よくわからない順番ではある。

まずは絵里。いきなり涙で言葉が出てこない。
気力を振り絞って卒業コメントを贈る。
表現は違うけど、卒業してもずっと仲間という言葉を贈ってた。

小春ちゃん。小春ちゃんも号泣。
一番の新しいメンバーとはいえ、1年近く一緒にいた仲間。
小春ちゃんにとっては大事な先輩だったのだろう。
耐えられずに声を出して泣いてしまう。

「うえーん」と声を出して泣いていた。
擬音ではない。本当に「うえーん」。
「うえーん」と泣く子は始めて見たよ。可愛いね。

そして次にさゆみん。
道重:紺野さんはすごくマイペースで、6期のさゆみからみても大丈夫かと思うぐらい。

ここまで哀しい雰囲気で進んできたけれども、
これにより場の雰囲気がかなり和んだ。

さゆみんもこんこんと似ていて、基本的にマイペース。
マイペースというのは、自分のペースを崩さないという事だから、
自分を強く持っていて頑固であるという事でもある。
(後によっすぃがこんこんに贈った言葉でも同様の発言がある)

そんなマイペースなさゆみんが言った発言だからこそ、
あの時会場の多くの人は「さゆもマイペースだからー」と
思ったことだろう。

道重:紺野さんが石川さんから受け継いだピンクはさゆみが引き継ぎます

とピンクキャラを引き継ぐ宣言をする。

以上のことを涙なしに、しっかりと話してた。
ただ、ここで誤解してほしくないのは、
だからといってさゆみんが冷静な気持ちでいたわけではない。

えりや小春ちゃんが泣きながらコメントしているとき、
さゆみんはじっと上を見上げながら一生懸命涙が出るのを堪えていた。
気持ちを落ち着けてしっかりとコメントしようと決意しているかのようだった。

思い返すと飯田さんの卒業の時。
あの時はさゆみんは泣きじゃくってほとんど言葉が出せなかった。
その時の思いがあって、梨華ちゃんの時、そして今回、
しっかりと言葉を伝えようと決意したのだろう。

ピンクキャラに関しては、本当は梨華ちゃんが
卒業した時に受け継ぎたかったのだと思う。
そのときにこんこんが受け継ぐって言ってしまったので、
今回こそは自分のものにしたかったんだろうね。

ピンクキャラのライバルはえりりんと小春ちゃん。
その二人の方がコメントは先だったので、
さゆみんの先出しではないということだな。


さゆみんが場の空気をかえたからかどうかはわからないが、
ここでメンバーもファンもひとまず一息をつけたようだ。
場が張り詰めた状態から柔らかい雰囲気になった。

次のれいなは泣きじゃくっていたけど、
言っていた事が割と面白かった(内容失念)なので
そのままの雰囲気だったかな。

その後愛ちゃん、ガキさんのコメント。
いつもどおり言葉で上手く表現できない愛ちゃん。
まとまりなく話していると
新垣:愛ちゃん、それ全然まとまってないから。

と突込みが入る。

しかし、自分の番になるとやっぱり泣きじゃくって
ほとんど言葉が出てこないガキさん。
愛ちゃんに優しく肩を抱きかかえられていた。

この辺のやり取りが本当に5期らしいね。
5期以外のメンバーと5期のメンバーどちらが想いが強いかを
論じるのはナンセンスだろう。答えの出しようもないし。

だが、やはり同じ代でしか分かち合えない苦労や喜びは確実にある。
この二人を見送る二人の気持ちは特別なものだろうね。
会場全体に「5期」の存在を伝え、感動を呼ぶことが出来たのは
5期の絆が紛れもない本物であったからに他ならない。

美貴ちゃん、よっすぃは各々の立場もあり、
しっかり言葉を言おうと頑張っていた。

特によっすぃは初めての後輩の卒業という事で、
気持ちはかなり揺らいでいたようだ。

それでも最後までしっかりとリーダーを勤め上げていた。
ボーイッシュで頼もしいけれども、
意外と女の子らしくて優しいよっすぃ。よく頑張ったね。

----------------------------

このコメント聞いて、やはりさゆみんは良く考えて話す子だな
と再確認するとともに、芯の強さを感じられた。

道重:本当につらい時に紺野さんの笑顔に助けられました。

という言葉もあったように、辛い事も沢山あったと思う。
考え込んじゃうタイプだから、辛い事があると余計に重く感じてしまう。

考え込むと寝てしまったり、ナマケモノになりたいといったり、
一見するとお気楽主義にみえるさゆみん。
それは、深く思い悩む事が多いため、
そこから開放されたい気持ちの表れだろう。

最後に、こんこん、これまで本当にありがとう。
マコにはリボンの騎士が終わってから、改めて言葉を贈るよ。

モーニング娘。だった事は胸を張って誇りに出来ることだ。
娘。でここまで沢山の事に頑張って、成果を出してきたのだから、
こんこんならきっと夢をかなえることが出来ると信じてるよ。
現場レポ > Hello! Project 2006 Summer : comments (0) : trackbacks (1)

2006 Summer ワンダフルハーツ 大阪 7/17 その2  

昨日の続きで、今日も先日行われた大阪ワンダコンについてのレポ。
話題のあの曲と、ワンダコンにおけるさゆみんが主題です。

もぐります。
続きを読む>>
現場レポ > Hello! Project 2006 Summer : comments (6) : trackbacks (0)

2006 Summer ワンダフルハーツ 大阪 7/17 その1  

ハロコンの大阪公演を見てきた。
詳細は例によってネタバレ回避のためにもぐります。

書いていたら長くなったので二日に分けます。
続きを読む>>
現場レポ > Hello! Project 2006 Summer : comments (0) : trackbacks (0)
1 2 /2 >>
NEWS!!(楽宴
最新記事
最近のコメント
最近のトラックバック
Categories
過去ログ