<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >> 登録

〜第六感 ヒット満開!〜 5/7 in 日本武道館  

さゆみメッセージ

ついに春ツアー、33公演も最後。
また寂しくなるな・・・。

さて、ファイナルとなったこの公演は
周知の通り梨華ちゃんの卒業コンサートとなります。
さらに、この日はこんこんの18歳の誕生日というプレミアム付。

でも、昼のMCで
川o・-・)17歳になりました!
年 齢 ま ち が え て る か ら !!
こんこんらしくていいけどね。

久住さんのMCは
昼に愛ちゃんの、
夜に梨華ちゃんの衣装を着ていた。
質疑応答はさすがに打ち合わせしていたな、という感じを受けたかな。
当然なんだけどね。
マコの新潟のよい所3つという質問、間髪入れずに答えてたからね。

梨華ちゃんの衣装をきると、さすがに胸があまりそうだな。
むしろれいなの衣装のときはきつかったんじゃないかと・・・
れいな細いし、胸ないし。

夜公演、さすがに皆いつも以上の頑張り。
さゆみんはいつも以上とは特に感じなかったけど、
いつも通りハイテンションに踊ってたよ。

俺はファミリー席だったけど、
たまのファミリーも中々楽しめる。
まず見やすいしね。ちょっと遠かったけど。

I WISHが終わって、アンコール時。
会場はピンク一色に染まる。
毎回毎回のイベントでマンネリじゃないかって?
何回見てもやっぱり感動するな、あれは。
出てきた梨華ちゃんも泣いてたし。

大阪恋の歌。
MCで愛ちゃんが
川’ー’)「なんと初登場2位!」

ってさ・・2位で喜ぶようなグループじゃないでしょ。
モーニング娘。は。
1位を取った事がないグループならともかくかつては1位の常連だったわけで。
もちろん事務所からの指示だろう。
何考えてんだよ。

大阪恋の歌を歌い終わったあと、再度MC。
ここで梨華ちゃんは手紙を朗読します。
初めて書いた手紙って、ファンレターのお返事は書いた事ないって事か?
とちょっと思ったけど、この際そんな細かい事はスルー。

Dear 大好きなみなさん。丁度5年前、私は4期メンバーとしてモーニング娘。に加入しました。
初めてファンのみなさんに会ったのが、ここ日本武道館でした。
憧れだったモーニング娘。の一員として、このステージに立てたことは、本当に夢のようでした。
で、初めてのMCは「よいしょ〜」です。
みんな、私の声に驚きながらも一緒にやってくれました。
その時すごい鳥肌たったのは今でも忘れられません。
その頃、早く先輩に追いつかなきゃって必死でした。
なんかね、そのプレッシャーはとてつもないものでした。
うーん、逃げ出したい日、あったかな。
で、なんだかんだで、すぐタンポポへの加入が決まって、
初めての握手会、その時人間の手の温かさを知って、ファンのみなさん一人一人と言葉を交わして、
勇気とパワーをいっぱいもらいました。
その時、初めて思いました。応援してくれる人がいる限り、私は頑張ろうって。
そして初めてのソロパートI WISHの「メール」です。
たったワンフレーズなのに、上手く歌えない自分が悔しくてちょっとネガティブだったかも。
でもね、沢山頂いたファンレターにいっぱい励まされました。
「いつも梨華ちゃんの笑顔に励まされています」
「いつも梨華ちゃんの一生懸命な姿を見て元気を貰ってます」とか
そんなお便りをたくさん貰って、大事なことに気づきました。
それは、ありのままの自分でいいんだ、今の私に出来ることを自分なりのペースで進んでいけば、ファンのみなさんには伝わるんだって。
そう思えた頃から、石川梨華は変わった気がします。
そうです、ポジティブ石川の誕生。
そこから、今日まであーっという間でした。
だって、すごく楽しかったから。
メンバーと一緒に過ごした時間は一生の宝物です。
私は今日たくさんのファンに見守られモーニング娘。を卒業します。
こんなにも幸せな青春時代を過ごすことができたのはファンのみなさんのおかげです。


手紙を朗読するという方法は簡単なようで難しい。
その場で台詞を考えて、思い出して言うのとは違うので、
言いたい事を正しくいう事が出来る。
だが、その反面、ただ読むだけでは気持ちが伝わらない。

しかし、梨華ちゃんの朗読からは確実に気持ちが伝わってきた。
手紙にある気持ちは嘘偽りなく、本心で書いたのだろうと思う。
そうじゃなければ伝わらないよね。

その場でちょっと狼狽しながら台詞を言う、というのも
また感動するんだけどね。

このあと「初めてのハッピーバースディ!」。
これは本当に神だよ。
間奏のリーカチャン!ヲイ!ってところが最高。
皆で八の字ジャンプする所ね。耐えられんわ。

贈る言葉。
さゆみんの所だけ書きます。
石川さん、卒業おめでとうございます。
ありがとう。
石川さんとは・・え、エコモニでずっと一緒にいて、
いっぱい怒られたけど、あの、優しくしてくれて、
冗談も言い合えて、すごい嬉しかったです。
あの、いつもはさゆみの方が石川さんよりかわいいもん、
とか言ってるけど、本当は石川さんが一番かわいくて、
入る前から石川さんに憧れてました。
これからも頑張ってください。ありがとうございました。


悔しいけどね、この日に関しては本当に梨華ちゃんの方が可愛かったよ。
そのぐらい輝いてた。
ベストの状態のさゆみんなら負けないと俺は思うけどね。
最近ちょっと顔太くなってきたよー。気をつけてね。

「入る前から石川さんに憧れていた」、これは本当だと思うよ。
前に愛ちゃんに憧れているとも言ってたけど、
加入当時の尊敬する人は?という質問には、
「石川梨華さん、高橋愛さん、藤本美貴さん」
と答えています。1番にあげてるからね。

梨華ちゃんの事が本当に好きなさゆみん。
きっと卒業はすごく大きなことだったともう。
そんな中、自分の台詞をしっかり言えて、よく頑張ったと思う。

さゆみんが自分よりかわいいと言う事だけでもすごく感動するな。
さゆみんは自分のことをかわいいとは思っているけど、
決して他人のことを落とすことはしない。
むしろ他人も可愛い方が喜ぶ。

いつもいつも本心では他の人のかわいさというのは認めている。
だけど自分のキャラもあるし、自信もあるので、
それを口には出さないと思うんだよね。
それを言わせるぐらい、梨華ちゃんの事が大好きという事だ。


贈る言葉であと印象に残ったのは、
れいなとミキティかな。
れいなはともかくかわいい。感受性の強い子だね。
ミキティは本当に直球で素直だ。ミキティの言葉には感動するよ。

最後にザ☆ピ〜ス!で終わる。
ハッピーバースデー、ピースともに明るめの曲で、
贈る言葉もそれほど湿っぽくなく、
明るく、元気に送り出したという感じ。

涙ではなく、笑顔で送り出す、
まさにネガティブじゃなく、
ポジティブチャーミーにふさわしい卒業式だった。
現場レポ > 第六感 ヒット満開! : comments (4) : trackbacks (0)

〜第六感 ヒット満開!〜 5/6 in 日本武道館  

hell0596.jpg

千秋楽前日。
武道館のセットリストは今は伏せておこう。
簡易レポ。

久住さんは一発目のMCの時に愛あらの衣装を着て登場。
ん?愛あらを歌うの?とおもったら、そんな事はない。
ちなみにこの衣装はれいなの衣装を借りたそうです。

それを見てれいなが早速
从 ´ ヮ`)れいなは152cmで一番身長低いのだけど、小春ちゃん(なんて呼んでるのか忘れた)は何センチ?

残念ながら157cmだそうで、普通にそこそこ身長が高い。
これを聞いて、ミキティ
川v从 美貴よりおっきい!
あとで、これは胸の事をさしている事に気がつき驚愕。

久住さんは、かなり緊張していた様子で、
台詞も飛んだりしていた。
そこはよっし〜がフォローをしていて、
早速のリーダーシップを発揮。

コンサートの内容は素晴らしいに付きますな。
ちなみにステージ構成は↓こんな感じ。
ステージ
超適当に書いた図だし、かなり怪しいので参考程度にしてくれ。
アリーナ席と1Fスタンド前列は勝ち組かな。
俺は2Fスタンドなんで負け組み。orz

明日は泣く事は間違えないな。
さゆみんもきっとなくだろうなぁ・・・。
千秋楽のレポは多分日曜日に書きます。
現場レポ > 第六感 ヒット満開! : comments (5) : trackbacks (0)

第六感 ヒット満開!in 長野県県民文化会館  

友情パート1

長野。
夜はツアー中もっとも前である2列目。
前回のツアーで最前に1回行ったけど、
その時で俺の価値観はかなり変わった。
今回の2列目も相当俺に衝撃を与える事となった。

現地には11時過ぎに到着。
グッズを確認してみると・・
会場パスがさゆみんじゃん!!

俺が仙台行く前に立てた予想では、
仙台:紺野
大阪:藤本
八王子:亀井
群馬:矢口
新潟:小川
長野:新垣
福岡:田中
大分:道重
武道館:石川
だった。

実際は、八王子が矢口、群馬が亀井と逆だったけど
大体正解。
てっきりさゆみんは大分だと思ってたんだよ。
おかげで必死になってしまった。

普段は開演30分前から15分前に入場するんだけど
今回は開場の15分前から並んで速攻で中に入った。
で、ですね、買ってみると・・
周りがさゆ推しだらけなんだよ!

会場限定パスがさゆみんだから、
早い段階で入場する人はさゆ推しなんだろうなぁ、
と思ってたんだけど、これが甘かった。

必死系


昼の話はすっとばして夜。
俺は2列目左サブセンター通路席と死ぬほど良席。
あとは推しかぶりさえしなければほぼ独占でいけるだろう。

ところが・・・
左隣、特攻服系のさゆ推し。
通路挟んで右隣、スポフェスT系さゆ推し。
前(つまり最前)、長身系さゆ推し。

おい!!どういうことだ!これは!!
どうもそれだけじゃない。
左サイドは本当にさゆ推しだらけ。
3割ぐらい居たんじゃないか?ってぐらい。

マジで勘弁してくださいよ。
しかも俺の隣の特攻服の人がまず強すぎる。
始まる前にお話をしたんだけど、完全認識系。

実際に始まってみると5秒でもうレス取れてるし、
さゆみんの表情が完全に認識してるレスだもん。
もうやってらんないよ。

ここで作戦変更。これは隣の神に便乗してレスとるしかない!
逆にここは売り込むチャンスだろ。
はい、戦争勃発。

とにかく悲惨な状況。周りがさゆ推しだらけなんでまじ必死。
美勇伝?春の歌?ふるさと?うん、完全に休憩時間ですわ。
パンチュにハァハァする余裕もない。ひたすら戦い。

隣の特服君がかなり美味しいレスを貰っていたけど、
俺も何回かは貰ったと思う。
でも脳内じゃないって言える自信があまりない。

I WISHの指差し・・これは俺だと思うんだが、
隣の人は自分だといってるし。わからんね。正直。
さゆ推しの塊に向けて出しただけなのかも。
おいしくねぇなぁ。
ウィアラ最後の「サンキュ」指差しは隣に吸われますた。

俺が取れたと思うのは
直感のしゃがんで引っ張って「そうだそうだ」やる
「信じて進むのか?疑って進むのか?」ってところ。
ここは俺を見ながらやってくれたと思ってる。

決定的な俺に対してのレスを貰うために
ハケを狙ったんだけど、残念ながら取れなかった。
ただ、これは隣の人も貰ってなかったんでまぁいいか。

隣の人はかなり美味しくなかったみたい。
普段はもっと独占できるようで。
うらやましい限りだね。

戦争自体は楽しかったけど、
レスを独占できなかったのは美味しくないな。

葛藤


さて、上を読んで貰うとわかると思う。
完全にレス厨化してます。
いつものようにさゆみんの何かをみようとか、感じようとか、
応援しようとか、・・・捨ててます。
こんな事やってたって恐らくここを見る人は愉快に思わないだろう。
俺もそう思う。

でも前に行っちゃうとこうなっちゃう。
前に慣れてしまえば、完全に認識されたあとなら、
もうちょっと落ち着けると思うけどね。

で、結局大きなレスを取りに行くなら
すごく必死にならざるを得ない。
それこそ周りの事なんて構ってる暇ないよ。
相当うざい事間違えなし。

だから俺は今すごい凹んでいる。
単にレスがあまりとれなかった事。
隣に人に普通に負けていた事。

それだけではない。
この道を行くには俺は今までの楽しみ方を
少なくとも一時的には捨てる事になる。

前日の長野。
知り合いとの連番。
すごい楽しかった。

コンビプレイで一緒に盛り上がったり、
推しは違えど互いに気持ちを尊重しあったり・・・

今はこういう事が前では出来ない。
そんな余裕がない。
でもやっぱり前に行きたい。認識されたい。
それをやるってことは今までのやり方を否定するってことだ。

まず、最近はさゆ推し多すぎなんだよ。
それでも全体から見たら多い方ではないだろうけど、
増えてきた事自体に脅威を感じる。

これじゃこの中で勝って行くのって
やっぱり周りを落としていくのが早道になっちゃうんだよ。
いや、落とすのは自分だな。
自分のプライドを捨てていくしかない。

そして行き着くところに対しての絶望。
そうとわかっていても、それを選択してしまう自分。
何ともやりきれない。切ない。
俺の独占欲が憎い。でもどうしようもない。

もうどうしたらいいかがよくわからなくなってきてる。
やっぱり最前計画を実行しよう。
何かしら答えが見えそうな気がする。

まずは第一歩として一昨日から家計簿をつけることにした。
実行することで自分の価値を高められる事からやっていこう。
目標は30ヶ月で500万貯める事。・・・無謀だな。
現場レポ > 第六感 ヒット満開! : comments (10) : trackbacks (0)
1 2 3 4 5 /5 >>
NEWS!!(楽宴
最新記事
最近のコメント
最近のトラックバック
Categories
過去ログ