<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >> 登録

第六感 ヒット満開!in 大阪厚生年金会館  

第6感ヒット満開 トレーディングポスターパート2
大阪厚生年金会館の前には公園がある。
今週末は桜が満開だったため、
一般の花見客がいっぱい。

道端でトレーディングポスターのお店を開いていた俺は
かなりさらし者状態になってたよ。
最初普通の道路脇でやってたからな。
まぁ、見られる快感ってやつ?いや、そこまで堕ちてはないよ。

今回の大阪は本当に楽しかった。
会場は狭いし、遠いし、あまり環境的にはよくなかったんだけどね。
それを補うぐらい色んな事がありました。

大阪恋の歌



今回は新曲「大阪 恋の歌」について書いてみる。
この曲、久々に初見で結構いいな、と思える曲だった。
音源でじゃなくて、生でね。

テンポはかなり速い曲。
もろにシャ乱Qなテイストの曲だな。

で、俺としては・・
すげーいい!!
さゆみん推し視点から見てね。

この曲は3TOPに藤本・高橋・石川、
サブにれいな・新垣が来て、
バックに矢口・吉澤・紺野・小川・亀井・道重
というフォーメイション。
ダンスはバックとトップ+サブで大きく二つに分かれます。

テンポが速い事もあり、すごいスピーディ。
さゆみんはもともと滑らかな動きのダンスより
スピードのある動きのほうが得意。

まず、体型がそのほうが栄えるんだよね。
手足が長いから動きがダイナミックに見える。
つまり格好よく見える。

はっきり言おう。この曲バックの6人で一番さゆみんが格好いいよ。
全員を見比べた。
もちろん俺の色眼鏡は入ってるけどね。

特に、サビの手を左右に広げていくような振り付け。
ここでさゆみんはあごを上げて、胸をそらしてるんだけど、
これがすごく格好いい。
ここのポイントは他の誰の動きよりもいいと思う。

衣装はピンクでブリブリ系。
この曲調にはあまりあっている気がしない。
なんだけど、さゆみんには当然似合います。
この辺りもこの曲でさゆみんが栄える理由。

さゆみん、全体的に踊りうまくなってると思う。
俺はダンスの専門的なことはわからないから、
技術的にどうこうって話じゃなくて、
見ていて気持ちがいいって事。
すきやきとかああいう滑らか系のはちょっと微妙なんだけどね。
適当にやってるようにしか見えないw

他面推しの人も、
是非、1度は大阪恋の歌ではさゆみんを見てあげて欲しい。

さゆみん's パワ−



今回の大阪はまだまだ書きたい事がある。
日曜の夜のMCで、よっし〜からネタを振られます。
吉澤:重さんはテンション上がった時、どんな踊りをする?

こ・・これは・・伝説のエアロビがくるか?
道重:ワンツー、ワンツー、ワンツー、ぴょんぴょん(手を頭にもっててウサギのポーズ)

ぐわぁぁぁぁ。なんと言う攻撃だ。
当然俺は即死したわけだが、そんなどころじゃない。
この後、MC後半組みの石川・矢口・小川がぴょんぴょんと真似しながら登場。
そして、後半組み全員(石川・矢口・小川・藤本・紺野・高橋)でぴょんぴょん
会場のお客さんも含めてぴょんぴょん。
MC前半組みも出てきてぴょんぴょん。

すげーーーー!全員まきこんじゃったよ。
完全にMCを支配しました。
多分、このネタ即興でやったんだろうけど、本当にすごいな。
(多分、振られる事はわかってたっぽい。
なぜなら直前に俺のボードにきがついたのに反応なかったから。)

先日、娘DOKYUで書いたけど、
さゆみんの人を引き込む力、これは本当に凄いね。
もちろん、すべていつでもってわけではないけど、
これだけ全体を巻き込む事ができる人は
今のメンバー全員が出来ていることじゃないと思う。

カウントダウン



もう一つ。石川梨華さんについて。
日曜の夜公演を見てて気がついた。
すごい気合入ってる。
一つ一つの動きに凄い気合を感じる。
歌にも熱い物を感じる。

いよいよ卒業へのカウントダウンが始まったという感じですね。
この梨華ちゃんのパフォーマンス、
さゆ推しの俺が気がついてるぐらいだから、多くの人に響いたはず。

だから自然とアンコール時に梨華ちゃんコールが巻き起こる。
もちろん、誰かが率先して煽動はしてるんだけど、
会場がそういうムードになってないと伝播しないんだよね。

俺は気がつかなかったけど、昼でも煽動してた人はいたのに
全然伝播しなかったからね。

俺は「... 好きだよ!」辺りから
梨華ちゃんのオーラをビンビン感じたけど、
I WISHなんかもうかなり皆に伝わったと思うよ。
名古屋でもそうだったけど、俺とかすでに目が潤んでくるもん。

俺は梨華ちゃん推しじゃないけど、
さゆみんと繋がりが深い事、
後輩の面倒見などに現れる優しさ、
娘。で本当に頑張ってきた事、
娘。を引っ張ってきた事・・・等などに敬意を払っています。

やっぱり卒業するのは悲しいというより
尊いというか・・・
なんだろう・・・とにかく感動する。
こりゃ武道館の時はなくだろうなぁ・・・
さゆみんも100%泣くだろうし。そこで俺も泣くだろうな。
現場レポ > 第六感 ヒット満開! : comments (3) : trackbacks (0)

第六感 ヒット満開!スペシャルコンサート 〜パンチュ編〜  

会報24号使用写真Bセット
↑これ俺の中でかなり最高の3ショット

滋賀公演での帰りの事。
俺はいつものようにパンチュについて語っていた。
「かしまし、ピースの時のパンツはスカートと同じ色だよね」

「美貴ちゃんのは模様入ってましたよ」
この発言で衝撃が走る。
「え?!皆同じじゃないの?」

ここで推察が始まる。
「もしかして全員パンチュ違うのか?」
「腕輪している組としてないない組で違うんじゃない?」

こ、これは全員のパンチュについてレポートするしかない!!

というわけで、それ以後ひたすらパンチュにがっついてた。
そこ!「いつもそうじゃん」とか思ってんじゃない!

しかし、これ結構大変ですよ。
何せ模様まで見るとなると結構前に行かないと見えない。
前の方は左右の場所でかなり見える人が変わるから、
左右の位置もバランスよく狙わないといけない。

しかも名古屋は相場高くて前いくのつら過ぎ。
仙台は安かったからここで頑張る。
頑張って全員みた結果ですが・・・

全 員 一 緒 で し た !!

ここでそれぞれのパンチュの難易度を書いてみる
ちなみにどれだけ俺が注目していたかにもよるんで、
注目していない人はそれだけ難易度が高い傾向がある。

  • 矢口 ★★★★★
    まず、身長が低いため見えにくい。さらに振りも大きくないので困った物。
    全メンバーの中でもっとも難易度が高いだろう。
  • 石川 ★★★
    意外とガードが固い。めくれそうになると手で押さえたりする。けしからん。
    スペシャルなパンチュを期待していたが、一緒だった。
  • 吉澤 ★★★
    身長が高い分楽なんだけど、あまり足を上げてくれない。
    それでも見やすいほうだろうが、俺があまり見ようとしていないw
  • 高橋 ★★
    とにかく動きがでかいので見やすい。
    自分から見せてるぐらいの勢いで足を上げる。最高。
  • 小川
    なんかしょっちゅう見えてる。見えてない時のほうが少ないぐらい。
    それだけ振りが大きいということだろうか。
  • 紺野 ★★★
    ガードが甘いため楽に見える。意外と振りも大きい。
    ターンが早いのかな。
  • 新垣 ★★★★
    あまり注目してなかったからか記憶が曖昧。
    思ったほどは見えやすくなかったと思う。
  • 藤本 ★★★
    基本左に陣取る俺には右によく居る彼女を見るのは厳しい。
    ロマンティックの時のは余裕で見えるのになぁ。
  • 亀井 ★★
    しっかりと進化論で練習したことが身についているようです。
    パンチュが見えにくいという弱点も克服。
  • 道重
    一番注目してるし、腰の位置が高いから楽勝。
    でもターンの早さはそうでもないのが欠点。
  • 田中 ★★
    れいなは結構踊りは機敏だし、大きい。
    背と胸は小さいけどその弱点をダンスでカバー。


ピースで回転するところが一番見えるポイントなんで、
ターンの早さが結構決め手です。

さて、こんな事でも意外と面白いことを発見できる。
普段ってやっぱり推しの人しかみないわけですよ。
優先順位があるので、見ない人はほとんどみなかったりする。

でも、これは全員を見る必要があったんで、
普段あまり見ない人をじっくり見る事ができた。
ちょっと新鮮だね。


-----------------------------------

ちなみにパンチュの内容は、
スカートと同じ色の紺色で、
横に∞に茶色で模様がついているもの。

横側はよっぽど中身が見えないと確認できない。
全員そこまで見れたわけではない。
大抵真ん中らへんしか見えない。

真ん中らへんしか見えないと・・
パンチュがぶるまぁに見えるんですよ!!
ハァハァ。さすがつんく!すばらしい演出だ。天才!!
現場レポ > 第六感 ヒット満開! : comments (5) : trackbacks (0)

第六感 ヒット満開!スペシャルコンサート in 名古屋 3/21  

名古屋会場限定
名古屋5連戦すげーつかれたよ。
場所は順番に
1F27列、1F30列、1F22列、2F7列、1F8列。

やっぱ8列だとアレのみえ具合が違う。
20列超えるとアレ見えないよ。
2Fとか論外。角度的に無理。

ごっちんとなっちのパンチュが見えるチャンスは
かしまし3のみ。その他の曲はスカートじゃないんで。
ごっちんは振りが大きいんで見えたんだけど、
なっちもうちょっとがんばってよ!
結局なっちのは見えなかった。残念。

ごっちんとなっちは他の人とちょっと衣装が違って、
スカートがチェックの柄。色合いは二人とも微妙に違う。
他の人は普通の紺色のスカート。

ごっちんの中の物はスカートに合わせたチェック柄。
ちょっと水色が入ってた気がする。

ああ、もちろん、パンチュを見るために凝視していたんじゃないぞ。
メンバーを真剣に見ていた結果、たまたまパンチュが見えただけだぞ。
・・・・ごめんなさい


------------------------------------------------

今日のスポット曲は「涙が止まらない放課後」。
この曲はこさゆみんの中でツアー中一番重要な曲と思っている。

さゆみんがパートのある曲はそこそこある。
さすがにマイクを持って舞台にでてくりゃ歌う箇所はある。
ソロのパートも大抵はある。

ただ、大抵は1フレーズだけとかのパートだ。
そして、音程の点ではなく、
最後まできちんと歌っているかという点で歌いきれてないことが多い。

フレーズの最後のほうが弱い事が多い。
俺はそこにさゆみの苦手意識が表れているように思えてならない。

さゆは基本的にはポジティブだし、思い切りもいい。
でも自分の弱点は認識しているし、そこに囚われてもいる。
歌声には思い切りの良さよりも、慎重さを感じてしまう。

これが涙が止まらない放課後のような、
長いパートを任されている場合はまた少し違う。
これは任されているという責任感からなのか、
練習をたくさんしているからなのか、
きちんと歌いきっている事が多い。

俺は歌はやっぱり気持ちよく歌ってほしいんだよね。
歌い手が気持ちよく歌っていると、
歌っている喜びを出していると、
こっちもすごい気持ちがいい。

さゆみんには歌うことの喜びを見つけてほしい。
苦手意識より歌える喜びを感じてほしい。
もっと自信をつけてほしい。

夏・秋ツアーでも涙が止まらない放課後はあったけど、途中からだ。
今回ツアーを通してこの曲を歌いきることにより、
自信に変えられるといいなと思ってる。

レモン色とかはすっごく楽しそうなんだけどね。
やっぱりかわいい系のは得意なんだよね。
本人がかわいいの大好きだから。
現場レポ > 第六感 ヒット満開! : comments (4) : trackbacks (0)
<< 1 2 3 4 5 /5 >>
NEWS!!(楽宴
最新記事
最近のコメント
最近のトラックバック
Categories
過去ログ