<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >> 登録

ECOスタンプラリー  

こないだの日曜日は大阪で娘コンが、
東京ではBerryz工房コンの千秋楽が行われていた。

そんな中俺は何をしていたかというと、
ECOスタンプラリーをしてきた。

スタンプのおいてある場所は以下の9箇所。
  1. (東急線・みなとみらい線)横浜駅改札口(後藤真希)
  2. ワールドポーターズ(W)
  3. よこはま動物園ズーラシア(カントリー娘。)
  4. シルク博物館(安倍なつみ)
  5. 横浜・八景島シーパラダイス(メロン記念日)
  6. 情報文化センター(モーニング娘。)
  7. 桜木町観光案内所(美勇伝)
  8. マリンタワー(Berryz工房)
  9. マリタイミュージアム(松浦亜弥)


そのうち俺が行ったのは、
横浜駅改札、マリタイミュージアム、桜木町観光案内所、
情報文化センター、シルク博物館、マリンタワー
の6箇所。

この6箇所とワールドポーターズの7箇所はみなとみらいにあるので
十分一日で回れる。
ワールドポーターズは面白くなさそうなので行かなかっただけ。
スタンプ集めるというより普通に観光が目的の半分だ。

まず到着したのは横浜駅改札。
スタンプの台紙はすでに空。
このラリー、景品がクリアファイルという、あまり魅力のないものだから
あんまりやっている人居ないだろう。

だからこそさゆみん推しの俺がやらなければ誰がやるのか、
って思って大阪コンを蹴ってまでいったわけだ。
ちなみにごっちんの作った燃料電池車模型は逆の出口なので見てきてません。



次に到着したのがマリタイミュージアム。
船の博物館みたいな所。日本丸とかいう船がでーんって居座っている。
ここに飾られていたのは亜弥ちゃんの作ったソーラ船。

日本丸の帆を張るところとか、中学生の吹奏楽部による演奏とかを見てきた。
船自体には知識も興味もないのでイマイチだったけど、
横浜港の歴史とかはそれなりに楽しめた。



桜木町観光案内所。
飾られているのは美勇伝が作ったリサイクルグッズ。
観光案内所に入って「いらっしゃいませ」的な雰囲気の中、
一目散にスタンプを押して美勇伝作品を見る俺。
スタンプ押したら用がないのでさっさと去る。



次に寄ったのが情報文化センター。
なにやら色々な物が中に入ってるらしいが、
あまりに多すぎて(10階以上ある)見る気にもならず、
スタンプを押してさっさと出る。

作品はモーニング娘。のメッセージプレート。
えぇ、見た作品の中で一番簡単に作れそうでしたよ。
でも本人のメッセージがあるので実は一番ファン的には嬉しい作品。

ここで初めて俺以外にスタンプを押している人と遭遇。
お母さんっぽい女の人。でも1人。ちょっと謎。
子供はどこかで待機しているのだろうか。



シルク博物館。飾られているのは安倍なつみが、くず繭から作った反物。
反物を作るのは結構凄い。
この博物館では生きている蚕がいたり、実際に織物を体験できたりする。
俺もちょっとだけ織ってた。・・・が、すぐ飽きた。
小学生の時クラスで蚕飼ってた時あったので、ちょっと懐かしかったな。



次に山下公園をついでに通りつつマリンタワーに向かう。
山下公園では大道芸とか、路上ライブとかやってた。

ついつい演者の表情や、目に注目してしまう癖がついてる。
そりゃ歌とかはうまいに決まってるからね。
あとは表情や目のパフォーマンスに注目してしまう。

マリンタワーにあったのは、Berryz工房の石鹸。
画像が携帯でとったためわかりにくくて申し訳ないのだけれども、
これはむしろわかりにくい方がいいかもしれない。

なぜなら、この展示物、明らかに荒らされていたからだ。
場所が他のテーマパークより人が着そうなマリンタワーだから、
普通に子供とかがいたずらしただけかもしれないけれども、
ついついベリーズファンの仕業かと勘ぐってしまうね。

何回も言っているように、行き過ぎたファンだけでないのは確かだけれども
過激なファンが存在するのも確かだからな。
こういう行為をしても、当然のごとく本人達には伝わらないし、
イメージを損なうだけでなにもいいことはない。

午前中から回ったのだけれども、意外と近かった事もあって時間が余った。
そこで中華街にある横浜大世界という場所についでに行ってみた。
ここでやっていた太極茶芸というのがすげー笑えた。

中国で古くから伝わる太極拳と、美味しいお茶を入れる茶芸をミックスした技。長い急須を使ってお茶を入れることが特徴で、それに太極拳の技が加わって、非常に面白い手法でお茶を入れる芸。

というものなのだが、普通に「ふーん」って思っていたら大間違い。

よく考えると、太極拳とお茶とかわざわざあわせる意味がわからん。
太極拳で凄そうな舞をしたあとに、お茶をジョロジョロ〜って注ぐ。
シュールすぎる。俺一人で爆笑してたよ。
何でみんなこれマジメにみてるんだろ。
爆笑してたら演技していた人から凄い嬉しそうな顔された。

ついでにもう一つ足芸というのをみたけれど、
この俳優メイションイェンという人が
青木さやかに似ていたことが面白かった。(HP参照)

最後に「どこみてんのよ!」とか言ったら最高だったのだが。
いや、「私の方がかわいい!」か。


このスタンプラリー、スタンプを押した台紙で申し込むのではなく、
書いてあるメッセージを送るんだよね。

つまりメッセージを誰かに教えてもらえば行かなくても申し込める。
分担もできる。これでいいのかね・・・。
そんなに必死になる人はあまり居ないとは思うけど。
現場レポ > 2005文化祭 : comments (4) : trackbacks (0)
<< 1 2 /2
NEWS!!(楽宴
最新記事
最近のコメント
最近のトラックバック
Categories
過去ログ