<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >> 登録

101回目のKISS 2/26 in 座間  

ハロモニ 2/27 1

松浦の事は俺は正直それほど知らない。
歌手やアイドルとして、その能力とポテンシャルの高さは認めてはいるけど、
好みのツボにはまるタイプじゃないのでね。

まぁそんなライトヲタな俺ですが、俺なりの感想を書いていこう。



まず、セットリストの内容。
ほとんどベストコンといっていいほど
ヒット曲のオンパレード。

俺が好きな曲もほぼ入ってて、
また、ノリのいい曲が多いため、
かなり楽しめる。

2003年秋にヒットパレードをやったけど、
蓋を開けたらカットパレードになってた。

俺は亜弥ヲタの友人と一緒に見に行った。
その友人はコンサは1回に全てを注ぐタイプで(金が無いとも言う)、
全てを注いだ内容がカットパレードだった事にとても落胆してた。
それが原因ではないと思うけど、
結果として今では松浦から離れてしまっている。

その後、2004年春のツアーも俺の中では今一で、
実際にそのときの松浦のチケット相場はかなり安かった。

それがこの間の秋ツアーで一変。
これがとても素晴らしかった。
俺が一番印象に残ったのは舞台演出が素晴らしかった事。

そして今回のツアー。
今回は舞台よりも歌の演出が素晴らしかったです。

まず、ドキラブのアカペラ。
俺はメロンと一緒にまわってた頃の松浦を生で見ていない。
それでも、このアカペラには、
「すげー!やるじゃん!」って素直に思いました。

アカペラ始まる前、ヲタが「あややーあややー」うるさくて、
他のヲタが「シーッ!」ってやってたのがちょっと残念。

秋ツアーの時もそうだったけど、夏男での煽り。
これ最高。夏男は結構お気に入りの曲なんですよ。

メロンによる奇跡の香り、松浦による赤いフリージア。
メロンのパフォーマンスはレベル高いですね。
見ていてる人を楽しくしてくれる魅力がある。

最後の100回のKISS。
この歌は真の松浦デビュー曲であるという知識は持ってるし、
曲も好きであるとはいえ、
ここまで素晴らしいと思った事は今までにない。

最後に静寂になるんだけど、ここは本当に静寂。
ヲタも誰も一言も発しない。
皆、松浦の世界に引き込まれてる。

ラスナイの時すら騒ぐヲタたちを黙らせる何かが、ここには確実にあった。
皆にここは聞く場所だと思わせるだけの力があった。
何なのかはわからないけど、そういう雰囲気を作り上げていた。

盛り上がるところは完全燃焼で盛り上がり、
聴く所はしっかりと聴く。
メリハリのある素晴らしい内容だ。



余談として、MCでファンレターに励まされているという話があった。
松浦は返事をかかないと言われている。
素直に受け取るよりも、リップサービスなのか?
と勘ぐってしまう俺はダメですね。

ただ、松浦はプロ意識が凄い高いと思ってる。
だから、単にリップサービスというか、
彼女なりに本気だからこそのサービスなんだと思う。

でも、最後の、ファンに対しての感謝の言葉。
これは本気と受け取りました。
あれがサービスだったらちょっと怖いです。
現場レポ > 松浦亜弥コンサート : comments (2) : trackbacks (0)

松浦 in 伊勢崎  

かわいくない順
秋の松浦初参戦(そして秋は最後だろう)

去年の悪名高きカットパレード、
春紺ですっかり微妙だった松浦だが
今回は評判がいい様子。
特に代々木SP。

で、見てきたんだけど、
確かにいいですね。
演出がちゃんと考えられている。
意思が込められている演出だと感じた。

まず、最初のYOUR SONG
ライトの使い方が上手い。
逆光とか、ライトの回し方とか、
この歌俺的には大したことないんだが
なんかすごそうに感じてしまう。

初恋や絶対解ける、渡良瀬橋にはオリジナルのPVが。
モニターを単なる後ろの人が見えるための物じゃなく、
演出として随所に使ってる。

風信子では舞台がせり上がる。
まぁそれだけといってはそれまでなんだけど、
やっぱり舞台に変化があるのは見ていて飽きない。

夏男。
この曲は美学以降のシングルでは一番好きな曲。
盛り上がるねー
爆発もあったし。
Aメロ、Bメロ、サビ。全部テンション全開。
でも今回振り付けがオリジナルと全然違ったなw

ドキラブとトロ恋・・この2曲、ヲタコールが
すごく秀逸だと思ってる。(もちろん楽曲のつくりの問題)
ほら、ほとんどの曲が
イントロOAD
Aメロ 4(8)小節ごとに名前コール。またはLOVE
Bメロ PPPH
サビ 騒ぐ
ってパターンじゃん?
この2曲って違うんだよね。
松浦の曲はこういうの多い。
桃色の推しジャンプとか。
(似ているのはごっちんのBE IN LOVEあたりか?)

楽しむコンサとしてもよかったし、
渡良瀬橋、100KISS、初恋とか聞きどころの曲もあって
満足いける内容だった。
相変わらずナビがないけど。

松浦に関しては、俺はコンサは楽しむというスタンス。
もっと深い所のものはもっと見てみないとわからない。
今は表面的な所だけ。
でも、一般人も多い松浦、本体あたりはそういう
表面的な所も重要なんじゃないかな。
娘。コンももうちょっと表面上の演出とか
考えてみたらどうなんだろうか、と思う。
演出だけじゃダメだけど、
舞台なんだから演出も必要でしょ。
現場レポ > 松浦亜弥コンサート : comments (0) : trackbacks (0)

あややコン in パシフィコ横浜  

最近PCが非常にトラぶってる。
おかげで日記書くのが一日遅れたよ。

で、あやコンなんですが
今回は自力で最前列当てちゃった。
場所は中央やや左側で、そこそこという感じ。
座席番号は9列だけど、8列目までは使わないとのことで、
実質最前。
だから結構遠いのかなぁ・・・と思っていたら、
超ちかかったです。マジで。
間近でみるあややは・・・一言で言うと「生きて」ましたw
なんかやっぱり遠くからとかモニターを通してみると、
実感がないんだよね。
近くだと細かな表情が見えたり、
暗くなってから何やっているかとか、
舞台裏のスタッフまで見える。
で、サイボーグではなかったことがわかりました。
あとはかわいいというよりなんかエロかったかなw

最前だと、前に何もないから結構広く使える。
Goodbye夏男でしゃがんで振り付けが出来たのはすごい。
あややにレス貰おうとしたけど、ことごとく無視されましたw
聞こえてるはずなのにー!

まぁ、あややはハローの中で俺の中ではそこそこの位置なんで
やっぱりちょっと微妙だったかな。
これがおとめこんやなちこんならぜんぜん違うんだろうな。

ここで運を使い果たしたせいか、
夏ハロコン、なちコン追加ことごとく全部外れちゃった・・・・
現場レポ > 松浦亜弥コンサート : comments (0) : trackbacks (0)
<< 1 2 3 /3 >>
NEWS!!(楽宴
最新記事
最近のコメント
最近のトラックバック
Categories
過去ログ