<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >> 登録

2/20 むらたさ〜ん、ごきっ? 千秋楽  

2/15 うさP

なっち&メロンのレビュー千秋楽に行って来た。
千秋楽と言う事で、大分盛り上がってた。

レビュー部分は基本的に同じだが、
村田さんがボケまくりボケまくり。
俺の連れはメロン見るの自体初めてだったから、
あまりウケてなかったけどね。

すごかったのがダンスコンテスト2次審査。
ランダムで色んな曲がかかってそれを踊る。

最初はDo it! nowと普通だったんだけど、そのうち
ヤングマンやら、
セーラー服を脱がさないでやら
マツケンサンバやらwww


----------------------------

コンサート部分。
俺はメロンの初参戦は2003年の夏だったと思う。
だから結構昔の曲は生で聴いてないんだよね。

今回、初めてキスミージャンプ@甘いあなたの味
をやる事が出来て嬉しかった。
スキップ!も初めて生で聞けたよ。

メロンは半端じゃなく客煽って来るから好きだ。
PPPHを煽ってくるのはすげぇ。

俺PPPHって声が聞こえなくなる事もそうだけど、
本人が歌いづらそうだから、
最近は振りだけしかしない事が多い。

でも、メンバーがこうやって煽ってくるなら全力でやりますよ。
気持ちいいよなーやっぱ。
客席が一体になっての応援。これは好きですよ。

最後に、ツアーで一番ゴキゲンだった出来事を語ってくれました。

斉藤:声がでかくて音響さんに迷惑かけた事。
柴田:安倍さんの事をなつみんって呼ぶ事ができて、
安倍さんから卒業できた事。
大谷:誰かさんのボケのフォローが大変だった事。
村田:毎回ボケを考えるのが大変だった事。
安倍:今日のダンスコンテスト

やっぱり、一番印象に残ったのは柴田。
確かに、先輩であり、最も活躍していた一人であるなっちを、
気軽に「なっち」っては呼べなかったんだろうな。

それが安倍さんじゃなくて、なつみんって呼べるようになった事が
嬉しいっていってくれている。
なっちもメロンの人たちと一緒に仕事できた事を喜んでいた。

やっぱり、ハローの仲間だもんね。
こうやって他のユニットの人たちとも仲良くなっていくのは
見ている俺も嬉しいものだ。


---------------------------

行くついでにハロショにいって
さゆみんに癒されてきた。

ヲタグッズ2/20

今日の戦利品。
今更マフラーを買ってみた。
例のさゆみんバージョンのサインだね。
現場レポ > 安倍なつみコンサート : comments (3) : trackbacks (0)

2/14 むらたさ〜ん、ごきっ?「私がオバさんになっても」  

三人祭

昨日のバレンタイン、なっちのコンサート&レビューに行って来た。
それに関しての感想を。

レビュー部分30分、コンサート1時間という内容。
レビューなんだけど、これははっきり言うと学芸会レベル。

演技やパフォーマンスに関しては、流石プロで素晴らしいんだけど、
セット、脚本(と時間)がかなりヘッポコ。
出演者も完全に5人だし。

確かにこれはミュージカルではないな。
いや、ヲタには楽しめるよ。普通に。
ただ、劇として質が高いかというと疑問という事。

その分値段が普通のコンサート+1000円程度という事なんだろう。


---------------------------

それはともかく、なっち。
俺は復帰後初めて会ったわけだけど、
そこにはいつもどおりのなっちが居た。

いつも通り、楽しそうに歌い、演技をし、
そして台詞をとちって、ドタバタのトークをしてくれるなっちが居た。
ただ、いつも以上に歌う時、楽しそうに見えたな。

コンサート部分、最初ふるさとから入るんだけど、
それを歌っているなっちをみて、いつもどおりのなっちを見て、
嬉しくて涙が出てきそうになったよ。

過剰反応かもしれないけど、
やっぱり長い間なっちと会えなくて寂しかったし、
元気で、楽しく歌うなっちをみてとても嬉しかったというのが
正直な感想です。

ファン達も相変わらずウザイ所でコールしたり、
PPPHが一際大きかったり、
個人的には不服な点だけど、
やっている側は紛れもない愛情を込めてやっていると思う。

ファンも変わらずなっちを愛していて、
なっちもいつもどおりだったし、もう安心していられるな。
これからもっともっと伸びていくと思うよ。


レビューとコンサの細かい内容と感想は続きに書きます。
ネタバレ満載やよ。
続きを読む>>
現場レポ > 安倍なつみコンサート : comments (4) : trackbacks (1)

メロン紺 in 大阪厚生年金会館  

12/21 公式

やっと淡路から帰ってきたぜ。
で、淡路に行ったついでにクリスマスメロンに行ってきた。

メロンは夏のZeppTokyo以来。
今回はセカンドアルバムを引っさげてのツアー。
俺にとってはメロン初ホール。

THE 2枚目の出来も中々良いこともあり、内容はよかったです。
変な時に奇声を上げる人もいないし、盛り上がる時は思いっきり盛り上がる。
楽しめるコンサートだった。

会場は3Fまで満員。
相変わらずメロンには親子はまったくみないけどね。
女性客は結構いるんだな。

遠慮はなしよ!
さぁ!恋人になろう
This is 運命
このコンボは凶悪。

でも実はアンコール前が上記3つ+香水という、
往年の曲で構成されているのがやや残念かな。
俺みたいなライトなメロンヲタはわかりやすいからいいんだけどね。

アルバムからの曲は
努力・系・美人
キライ、スキ スキ スキ ホント、ウソ ウソ ウソ
THE 二枚目
どれも良曲。メロンは底力あるなぁ。

メロンのメンバーからはファンに対しての思いをすごく感じる。
もちろん、他のハロメンも出してるし、感じるんだけど、
メロンは特に感じる。

特に斉藤さんは客の煽りがすごいね。
おう!お前ら!盛り上がれ!!みたいなオーラをビンビンだしてきて、
こっちも ふぉぉぉぉ!やってやるぜぇぇぇ! ってなってくる。
楽しいね。

MCでは、ボードにいろんな趣向を凝らしてたり、
サンタの格好をしたり、色々皆工夫してきてくれて嬉しいっていってた。
色々ファンの間では取りざたされてるけど、
上手に使って空気を読めば全然問題ないと思う。
だって、やっぱり愛情表現じゃん。
表現しなきゃ伝わらないし。(でも空気は読まないといけない)

最後に、退場する時に、多分最前の人が置いた
赤い花束(何の花かまでは見えなかった)を柴田が持っていって
ました。

メロンは俺はライトだけど、そういう客層にも大いに楽しませて
くれるってのは大事なことだと思う。
生粋のメロンヲタはまた別の感じ方があるとは思うけど、
そういう人が全てではないから。娘。も同じ。
現場レポ > メロン記念日コンサート : comments (2) : trackbacks (0)
<< 1 2 /2
NEWS!!(楽宴
最新記事
最近のコメント
最近のトラックバック
Categories
過去ログ