<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >> 登録

歌声はひばりと共に 2005 in 日本武道館  

カードケース付属写真

今日は美空ひばり追悼コンに行ってきた。
最初から、俺にとっても娘。にとっても
アウェイであることが明らかな今日のイベント。

一応ひばりさんに所縁がある人がゲストに出てくるんだけど、
なんで娘。が出てきたのかは謎。亜弥ちゃんとつんく♂はわかるんだけど。
それなら上戸彩さんの方が所縁ありそうなんだが。

歌う曲は、モーニング娘。が
「河童ブギウギ」、「悲しき口笛」、「東京キッド」
松浦亜弥が「草原の人」。

ステージや衣装はきっとみょだの国からで更新してくれるはず・・だよね。

出ていた時間は短かったけど、見所は多かった。
まず、出てきた時に思った事は・・・
れいなどこ???え?矢口がいるよ?
・・・れいなでした!!

事前に情報はあったけど、れいな思いっきり茶髪になってる。
並びが、吉澤、れいな、道重だったもんで、
余計に小さく見えてそれも矢口に見えた理由。

さゆみんはまた大きくなった気がした。
よっすぃより大きいんじゃないか?ってぐらい。

MCはよっすぃが担当。
「ひばりさんの歌はおばあちゃんやひいおばあちゃんが聞いてました」
みたいな発言。これは空気を読んだいいMCだと思う。

20足らずの小娘どもがひばりさんの素晴らしさとか語ったって
胡散臭いし、逆に印象悪いでしょ。知ったかぶりみたいで。

むしろ今回みたいにおばあちゃんの話題を出して、
世代が全然違うという事を言った方が、結果としてウケがとれていたし、
全体的に割りと暖かく迎えてくれた要因になったんだと思う。

MCはれいなもなんかいってたけど、忘れた。
多分大した事じゃない。

歌のほうなんだけど、はっきりいって原曲知らん。
歌う人としては、
1.高橋
2.藤本
3.田中
4.小川
という感じ。

歌えるメンバを持ってきたというのは正しい選択なんだけど、
4番目のマコというのが新鮮。
俺はマコは実力あると思ってるから、順当かな、と思う。

河童ブギウギは振り付けが可愛い。
なんか河童のダンスみたいなのやる。
見世物パンダ的な扱いなのかもしれないけど、
モーニング娘。なんだから、これでいいんじゃないかな。
歌って踊って可愛いのがアイドルというもんだからね。

追悼コンだから固いのかなぁと思ったけど、
意外とゲストの人への拍手は多くて、
楽しんでくれている人が多かったようです。
アリーナ席のほうの濃い人達はわからないけど・・・。

後ろのおばさんとかは娘。とか「いいんじゃない」って言ってた。
これはこういうのもありなんじゃない、って言う意味だね。
彼女達なりに、ひばりコンを盛り上げ、役割を演じれたと思う。

河童の時だとおもうけど、掛け声みたいなのを出す所があって、
そこはさゆみんが担当だった。
上記4人以外では見せ場があったのはこのさゆみんだけだと思う。
勢いと飛び道具は、梨華ちゃんから確実にさゆみんの担当
に受け継がれたようだ。亀井がライバルだっただけにここは一安心。

娘。の歌についてはこんな感じだった。
最後にまた出演者が勢ぞろいするんだけど、時間は21:30。

年少組は出てこないので当然さゆみんは居ません。orz
ミキティ、よっすぃ、愛ちゃん、こんこんの4人。
でもマイクが・・二つしかない!!

おいおい、尺八の藤原道山さんや
三味線の上妻宏光さんもマイクもってんだぞ?
彼らは楽器は間違いなくプロだし、すごい人だけど、
モーニング娘。は歌手ですよ?

いや、これはエコだ!エコ活動なんだ!さすがさゆみん!

正直暇な時間が多かったけど、
娘。に関してはかなり濃い内容だったと思う。
次にさゆみんと会うのはハロコンになるかな。
(音楽戦士は外れた・・)
現場レポ > 娘。イベント系 : comments (2) : trackbacks (0)

PJ観覧 2005年シャッフルユニット  

エレジーズ

昨日のエコイベでテンション高まった勢いで
今日のPJ観覧にも行って来た。
2005年シャッフルユニットの披露。

どう書いてもほとんどネタバレになりようがないな。
譜面でも書かない限り。
でも極力ぼかしてかくか。結果、どうでもいい感想しかないという。

曲の順番は、
セクシーオトナジャン→エレジーズ→プリプリピンクの順。
なんとメドレー形式。

合計で5分なかったと思う。
これじゃ良かったとも悪かったとも判断できないよ。
特にエレジーズなんて1分あったか?っていうぐらい。

とりあえず一番印象に残ったのは・・
れいなのM字開脚!!!
エレジーズはミディアム、他はスローテンポな曲ですね。

一般人(というかレボファン)が多いPJ会場内において、
一番歓声があったのはプリプリピンク。
流石に一般知名度はここが一番高いってこと。
稲葉さんは知らないようだったけどね。

PJはあまり書くことがないぐらいの収穫。
ハロコンを待て、という事。
現場レポ > 娘。イベント系 : comments (4) : trackbacks (0)

ecoウィークエンド  

サインボール

6/5の汐留ecoウィークエンドイベントに行って来た。
・・・舐めてた。
こんな素晴らしいイベントなら土曜日も行っておくべきだった。

内容は1時間で歌3曲を交えながら、
クイズやトークでエコについて考えていくというもの。
これがさゆみん推されまくりなんですよ。
さすがエコモニ。

大阪恋の歌あたりでちょっと太さが危なくなっていたさゆみん。
最近のハロモニ見てて思ったけど、少し戻したようだ。
今日久しぶりに見てもう大丈夫かな、と感じた。一安心。

歌はでっかい地球に愛がある、大阪恋の歌、HELP!エコモニバージョンの3つ。
本当にいい表情で歌うようになった。
大阪恋の歌も最初はシリアスなんだけど、Bメロあたりはもう笑ってる。
楽しそうなさゆみんを見るのは幸せです。

でっかい地球に愛がある。この曲は去年のミュージカル以来なんだけど、
会場の一体感という面では素晴らしい曲だね。
振り付けも簡単だし、沢山歌われたといってもまた聞きたくなる歌。
最後は愛ちゃんと抱き合ってた。

そして、やはり一番はHELP!。
これはマジでよかった。

実は俺、今日行く前は正直複雑な気分だった。
HELP!をやるという話は聞いていたけど、俺は原曲が大好き。
アレンジ版はさゆみんが歌うとは言ってもあんまり好きじゃなかった。

ところがですよ、この曲は俺のいつも抱えている願望を
二つもかなえてくれました。

一つ目は6期3人が歌う楽曲という点。
第6感で一番不満だった事が6期の曲がなかったこと。
C/Wでも存在しない。
HELP!はれいなとさゆとえりで歌うんですよ。
これが本当のHELP!アレンジ版だ。最高。

二つ目はさゆみんが完全センターの曲。
本当に待ち焦がれていたシーン。パートも一番さゆみんが多い。
しかも、前あまり好きになれなかったこの曲なんだけど、
さゆみんの歌唱力がかなり上達していた。これは推せる。

夜の部では、サプライズとしてカウントダウン消灯を行う。
曲紹介と、この部分の仕切りは全部さゆみん。
本当に臆することなく堂々としてて、楽しそうで、
すごく嬉しかった。

これは本当に高まったよ。
センターってことも最高だったし、成長の証を見れた事も最高だった。
ごめんなさい、HELP!アレンジ版は最高でした。
俺が間違えてた。俺の中では完全にオリジナルを越えた。

これはさゆ推し必死になるわけだな・・・。
最前ブロック、下手すればさゆ推しが最大勢力だったよ。
明らかに美貴含めた6期推しが多かったな。


今回のイベントは最高だったんだけど、
ちょっと不満だった点もある。

まずは、FC枠での仕切り。
早い者勝ちで抽選のクジを引けるんだけど、
抽選といいつついつものように早い方がいい番号を引ける抽選。

しかも、例えば最初1-100で50でたら100-150を足す・・
みたいなのですらない。
(これだと一応一番最後でも1を引く可能性が残っている)

恐らく1番目に引いたら悪くても30番ぐらいまでなんじゃないかな。
そのシステム自体を完全に否定するわけじゃないんだけど、
係員が「ランダムですので早く並んでも意味はありません」
ってアナウンスするんですよ。
俺はわざわざ確認もしたぐらいなのに、実際はこの現実。

200番目ぐらいに引くとその段階でもう100番くらいまで中に入ってるわけで、
明らかに100番以内の番号は存在していない。
こりゃ詐欺だろ。そんなウソのアナウンスするなら何も言うなよ。
FC受付番号順に並ばせて欲しいよ・・・。

もう一点。
イベント中に、子供がゲストとして出てきて、
一緒にクイズをやるんだけど、それにがっつくのは辞めて欲しい。
普通の一般人でしょ、あれ。

本当に初めて見る子を推してるの?
本人はやってて面白いのかもしれないけど、
自分達の評価落としてるだけだし、メンバーからも歓迎されるとは思えない。

いい事をいったりした子に拍手とか、「おー」とか、
そういうのはいいよ。むしろ歓迎。
あからさまに釣りにいってる人とかはちょっとどうかと思う。

俺もかなり厨だから、相当必死なことやってるけど、
子供が出てた時間は昼も夜もすごい大人しくしてたよ。
ハロメンならそれも仕事だという側面があるけど
さすがに一般人の小さな子に対してなんかやるのは辞めようよ。


若干の不満はあったものの、全体的には本当に来てよかったイベント。
しばらく現場がなくて、テンション下がってた俺を一気に持ち上げてくれました。
テンション低くて準備不足で悔いる所もあったけど、
それはこれから挽回していこうと思う。
現場レポ > 娘。イベント系 : comments (2) : trackbacks (0)
<< 1 2 3 /3 >>
NEWS!!(楽宴
最新記事
最近のコメント
最近のトラックバック
Categories
過去ログ