<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >> 登録

ハローモーニング 8/7  



今日も教育係として頑張るさゆみん。
ハロモニでもその効果が着実に出ている。
今回のエッリクコーナーはまた裕ちゃんが休みで、
小春ちゃん、ミキティ、梨華ちゃんのはずが・・・



教育係としてついてきちゃったさゆみん。
どんどん出てきちゃっていいよいいよ。
でもできるならもうちょっと短いスカートにしてください。

その点小春ちゃんには教育が行き届いて、セクシーなホットパンツです。
俺はホットパンツ派じゃないけどさ。
そういえばホットパンツといったらごっちんだと思うんだが、
その辺もミラクルとしてごっちんを意識してるのかな。




小春ちゃんにウインクで合図を送るさゆみん。
それをみた小春ちゃんしっかりとよいしょ。
これがさゆみの教育方針。
かわいいキャラは譲らないのよ!という意気込みだな。




一つ目の商品紹介は、こんこんの写真集「なつふく」。
この絵を最初に見たときのミキティの表情は・・



この「またエリックが・・」っていう表情で、
「なつふくって書けばいいと思ってる?」とミキティ節。
さゆみんが「えりにしては上手いよね」と指摘。
もしかしたら実はミキティはこんこんのおっぱいが
出てきたから機嫌がわるいのかもしれない。

そう、この絵は小春ちゃんが書いた物。
というか久住小春作と思いっきり書いてあるし。
途端に「かわい〜」と態度が変わるミキティ。

どうやらミキティにとって小春ちゃんは可愛がる対象らしい。
それとも新人には優しくというのがモットーなのか、
逆にエリックにはきびしくというモットーなのか・・・。
小春ちゃんにもツッコミキティしだすのも時間の問題だと思うけどね。




次の商品紹介は文化祭チケット。
文化祭といったらエコモニ。
さっそくエコモニ。ポーズを決めるさゆみんと梨華ちゃん。

やっぱりこの二人のルックスは最強レベルだね。
歌唱力には難があるが、是非是非曲を出して欲しいな。

今日は割りと暇だったので、やっと初めて春ツアーDVDを見れたんだけど、
やっぱりさゆみんの歌での表現力は経験不足が見えるな、と感じた。
そりゃ、あまりパートがもらえてないから経験も溜まりにくい。
練習ではなくて、本番で培われていく経験は絶対あるだろうからね。
悪循環なんだよ。だから、エコモニ。で活躍のチャンスを増やして欲しいな。

メイキングで小春ちゃんが舞台の出口で、
一人一人にお疲れ様でしたと深深と挨拶してたのが印象的。
きっちり教育されてるなぁ、って思った。


話を戻して、文化祭について小春ちゃんに紹介してもらうとした所で、
さゆみんのウィンク発動。
しっかりよいしょ発動の小春ちゃん。
なかなかいいコンビネーションが出てきたな。


恒例のエリックダンスに小春ちゃんを薦めるさゆみん。
すっかり保護者になってる。
いいねいいね。


しかし、かわいい事が大好きなさゆみんが後方で大人しくしているわけがない。
小春ちゃんに手本を見せるかのようにエリックダンスに果敢に乱入。
しっかり最後には一人でポーズを決めた。
というか小春ちゃんの前にたってカメラに映ってないし・・・

エリックダンスが可愛いかって?
可愛いじゃん。アホやぁって感じで。

さて、この間地上波デジタルが綺麗だからやりたいという話をした。
だって、きれいな パンチラ 表情とかとれないじゃん?
ゴーストとか出ちゃうしさ。

ちなみに今日のだと、トップの画像とエコモニ。が
拾い物=地上波デジタルの画像。
それ以外のとは明らかに画質に差があるのがわかると思う。

それで色々勉強していたんだけど、
その矢先に地上波デジタル放送についての法案の見直しとか。
ホント遅いよ、といいたい。今の運営はどう考えてもはやらないだろ。

とはいってもその法案が固まって、実用化されて、
それに対しての商品がでるのはまだまだ3年はかかるだろうな。
3,4万の投資で設備がある程度できるならやってしまうのは手だな。
TV/ラジオ > ハローモーニング : comments (4) : trackbacks (0)

ハローモーニング 7/31  

毎週土曜日が休刊日となっているな。
なるべく毎日更新したいんだけどね。

FM-FUJI:小川亀井道重久住
代々木のほうで娘。4人(小川麻琴・亀井絵里・道重さゆみ・久住小春)が出て、
見に来たヲタが8人しかいなかったみたい


その8人の中の一人だった。

さて、今日のハロモニ。
着物姿はかわいいんだけど、やっぱエロスが足りない。
ハロモニはミニスカやホットパンツをはくべきだと思う。



この洋服とかも消せちゃうってことですか?


それ欲しい!
っていうかさ、世の中にはモザイク除去機とかあるじゃん?
あんなのよりさ、ドラえもんの道具にあった、
アイロンの焦がしあととかを自由にずらせる奴(名前知らない)、
あれが欲しいよね。
子供心にその道具をみた時、これでモザイクずらせるなって思ったよ。
そう思った奴はいっぱい居たはずだ。



大喜利。
さゆみんはうさちゃんピースネタを披露。
矢との関連がまったくない・・・
もしかして、この矢がうさちゃんといいたいのかな。
とりあえず滑った事には間違いない。

エリック亀造。
これが今回のメインイベント。
今回は中澤さんが休みで代わりにミキティ。
商品紹介の一発目は後浦なつみ。
これをみて3人でユニットを作ろうという話になり・・・



ガキさんが藤垣さゆみと命名。
そんな事よりも、さゆみんのスカートが危ういです。
むしろ危うい所を狙って撮っているんだけどさ。
そうだよ、やっぱりスカートだよ。
スカートからパンチュが見えそうで見えない時のもどかしさがたまらん。



さゆみん的には、「道重さゆみ」の方がかわいいので、
「道重さゆみ with 藤垣」と命名。

娘。内ユニットは復活して欲しいね。
その方がメンバーの経験にもなるしさ。
今はその分、Berryzとか美勇伝とかがあるからできないのかなぁ。
やっぱりハロプロはちょっと巨大化しすぎたのだろうか・・・。



Berryz工房の新曲及び、写真集紹介。
ポーズを決めるBerryzに対して、「道重さゆみ with 藤垣」も対抗してポーズ。
でもさゆみん自分で「藤垣さゆみ」って言ってるし。
「道重さゆみ with 藤垣」だろ!

自分達のかわいさをアピールするBerryzに対して、



アソコの人が必死の反撃。
アソコってどこだよって突っ込みたくなる。



うん、さゆみんのほうがかわいいよ。

次回予告を見る限りでは、衣装はこのエリックコーナーのままみたいだ。
ということはまたこの危ういスカートが見れるわけですね。
超期待しちゃうよ。

やっぱりキャプ画の画質がデジタルだと全然違う。
そういうのを見るとちょっと入れたくなるよな。
お金ないから無理だけど。
TV/ラジオ > ハローモーニング : comments (11) : trackbacks (0)

ハローモーニング 7/17  

今回のハロモニ。
メインコーナーでは相変わらずWの二人が奇跡を起こしてるが、
とりあえずさゆみん的にはさしたる活躍はなし。

もっぱらハロモニ劇場とエリック亀造が今回のメイン。

ハロモニ劇場


まずはハロモニ劇場。
今回はさゆみんはメイドとして登場。

メイド三人集

・・・・ちょっと待て。
こんなのはメイド服とは言わん!!
メイド服は絶対ロングスカートとかいう奴もいるが俺は断固反対だ。

メイド服というのはだよ、ひざ上まであるソックスとミニスカが基本なんだよ。
その間にある素肌のわずかな領域、そう、絶対領域こそが萌えのポイントなんだ。

メイド服

是非こういう服を着てくれ。
さゆみんやこんこんならおっぱい的にも似合うはずだ。
こんな格好されたらメロンメロン。

メイド服の中

こういうアングルが最高ですね

エリック亀造


プリンセスさゆみん1

今回は新キャラとしてエリックの秘書プリンセスさゆみんとして登場。
この格好どう考えてもプリンセスじゃないんですけど。
セクレタリーさゆみんだろ。

しかし、メイドと違ってこっちは推せる。
萌えのポイントをきちんとわかっている。
秘書の萌え所はやはりミニスカートだな。

プリンセスさゆみん2
も、もうちょっと・・

プリンセスさゆみん3

ちょちょちょちょちょ

プリンセスさゆみん4

心の目で見るんだ!!何かが見えるはず!!


ハロモニ=萌え番組の等式は間違えないな

色っぽい じれったい


このスタジオライブはかなり微妙な雰囲気だった。

俺は実際に大阪、名古屋と見てきてるけど、その時に感じた印象と全然違う。
そりゃ、ライブで聴く感覚と、TVで見る感覚が違うのは当然ではあるし、
そこだけで優劣を決めるわけには行かない事はわかっているつもりである。

しかし、このスタジオライブからは、
歌からも、ダンスからも迫力がまったく伝わってこなかった。
ライブに来ていない人はこれで判断するわけだし、非常に残念だな。

うたばん等のほかの収録に期待するか。

おっと、最後に新曲のM字を披露しますよ。
動きが激しいのでボケましたがね・・・
色っぽいM字1色っぽいM字2
TV/ラジオ > ハローモーニング : comments (4) : trackbacks (0)
<< 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 /18 >>
NEWS!!(楽宴
最新記事
最近のコメント
最近のトラックバック
Categories
過去ログ