<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >> 登録

娘DOKYU! 7/11  

今週も前半はさゆみDOKYU。
先週はいかにも苦戦中といった内容だったが、
今週のさゆみんはどうなるのだろうか。

モーニング娘。の新メンバー、久住小春の教育係に任命された道重さゆみ。
しかし彼女は教育係としての責任を果たせないまま苦悩の日々を送っていた。

娘。DOKYU 7/11 01

そんな道重にかすかな光が差し始めたのが、このダンスレッスン最終日。
今まで新曲の複雑なダンスに苦戦し、自分の事だけで精一杯だった道重に、
ようやくダンスへの自信が生まれ始めていた。
とはいえ、教育係と言う任務にまだまだ不安を隠せない道重。

娘。DOKYU 7/11 02

久住ちゃんに道重さんも出来てないじゃんって思われそうで怖い。

一方新メンバーの久住は最終日になっても課題は多い。

娘。DOKYU 7/11 03

この日はビデオチェックによる細かいダンスの修正が何度も行われた。
ダンスレッスン初日の不安な表情とは違い、自分のダンスに手ごたえを感じ始めた道重。
体も自然とリズムに乗る。対する久住にはさらなる課題が。

新人久住の新たな課題。それはウォーキング。

娘。DOKYU 7/11 04

小春は意識すると、足と手が一緒になっちゃって、それを直してもらうためやったんですけど。

娘。DOKYU 7/11 05

久住のためにみんなで指導を続けるメンバー。
その後ろで心配そうに見つめる道重。教育係としての意識が生まれ始めていた。

娘。DOKYU 7/11 06

遠くからかもしれないけど、すごい久住ちゃんを見てあげてるっていうか、
なんかしちゃわないかなっていう感じですごい遠くからでもちゃんと久住ちゃんを追ってあげてるさゆはよく見るんですよ。
教育係ちゃんと意識して、してるんだなってすごい見ますね。


娘。DOKYU 7/11 07

自信を持ってアドバイスする道重。教育係としての意識が芽生え始めた瞬間だ。

娘。DOKYU 7/11 09

初めて教育係とか始めて持ってもらって、小春が○○に聞いたときは優しく答えてくれて、すっごいいいです。

娘。DOKYU 7/11 10

ダンスレッスン最終日になって、ようやく教育係らしくなってきた道重。
これで道重自身もさらなる成長に向け大きな一歩を踏み始めた。


一番さゆみんを見ているであろう、えりのコメントが心強い。
小春ちゃんに出来ていないって思われるのを恐れているさゆみんは、
髪の毛をいじったり非常に落ち着きがない。本当に不安なんだろうね。
それに対して、最後のさゆみんの表情は実に晴れ晴れとしている。

やっぱり教えるからにはしっかり教えたいし、小春ちゃんにもよくなってもらいたい。
そういう気持ちが伝わってくる。
さゆみん頑張って、って声をかけてあげたい。

実際の大阪で見て思ったことは、この新曲の最初の小春ちゃんの台詞の箇所。
ここで隣で肩に手を置いているのがさゆみん。
小春ちゃんを後ろから支えてあげてるのが伝わってくる。

技術的には全てを教えてあげることはできないかもしれない。
小春ちゃんが自分で頑張らないといけない箇所も多いだろう。
そういう時、少し遠くから、しっかりと見守ってあげてくれる。
そういう存在がいる事は小春ちゃんにとって、とっても心強い事だろうね。

お姉ちゃんが大好きなさゆみん。
小春ちゃんからも大好きなお姉ちゃんと呼ばれるような存在になれるといいね。


書き起こす際、台詞の聞き取りやすさは、ナレーション>さゆ、かめ>小春
なのはやはり経験の差なのだろうか・・・。

さてさて、明日の予告編では、さゆみんと小春ちゃんが並んでいますが・・
さゆみんがブラ紐直してるーーー!!!!!
まったくもって15歳とは思えないほどのセクシーさがたまりません。

サイ柴3にも登場がほぼ確定と思われ、とっても楽しみ。
きっとみんな大歓迎ですわ
TV/ラジオ > 娘DOKYU! : comments (7) : trackbacks (0)

娘DOKYU! 7/5  

浅ヤン(not ASAYAN)が復活するせいかしらないが、
突然ASAYAN的な番組になった娘DOKYU!。
月曜はとにかくおっぱいに圧倒されたが、今日はまじめに更新。


娘DOKYU 7/4 さゆトーク
プレッシャーなんですか、責任てかなんか、久住ちゃんが出来なかったら、
さゆみのせい、せいじゃないけど、なんか、久住ちゃんが出来なくて、
すごい先輩たちが迷惑がかかってたら、どうしようってのがあるから、
すごい責任を感じます。

末っ子で、今まで一番後輩だったさゆみんにとっては、
下の子と接するのは初めての経験なのかもしれない。
責任感がないわけではないが、これまではそれを発揮する場所が余りなかった。
だから、責任という物に対しての経験値が低いんだろう。

責任を感じる、それはそうだ。
では、それに対してどうすればいいのか。
何をすることが教育係としての責任なのか。

教育係というものが、娘。の中の文化である以上、
そこに何を求めているのか俺にはわからないが、
ある程度推察はする事は出来る。

俺の家庭教師や、サークルで教えてたときの経験からすると、
技術的な指導はもちろん必要だが、それ以上に本人のやる気や
モチベーション、コンディションを高める事が大事だ。

相手に24時間べったりくっついているわけには行かないし、自分の事だってある。
本人がやるべき事を認識させ、何でそれをやる必要があるのかを理解させる。
あとは自分の経験に基づいてアドバイスをすればいいんじゃないかな。

教育係としての第一歩、新曲「色っぽい じれったい」のダンスレッスン初日。
個人レッスンを積み重ねてきた久住。その実力は果たして。
やはり憧れの先輩を前に緊張を隠せない久住。
レベルの差は歴然だった。
こんな時こそ手を差し伸べるはずの道重も・・・
娘DOKYU 7/4 爪亀井
見かねた亀井が手を差し伸べる。
先輩のレベルについていけず、もがき苦しむ久住。
一方複雑な新曲のダンスに、教育係としての重圧、
道重もまたもがき苦しんでいた。

自分の事で精一杯。
そこには教育係道重さゆみの姿はなかった。
なかなかダンスが自分のものにならず、
一人でもがき苦しむ久住。二人の距離は縮まらない。
先輩のレベルに早く追いつこうと、必死に一人で努力を重ねる久住。
しかし・・・
その様子は教育係の目には届かなかった。

人に教えるだけのレベルに達していない事を、
誰よりも自覚している道重。
当然、声をかける余裕などあるはずもなかった。
娘DOKYU 7/4 爪

ナレーションは番組の演出だから、半信半疑でかかります。
俺の信用するのはさゆみん自身の台詞と、映像だ。

レッスン中の風景だが、さゆみんは爪を噛みまくってる。
これは何かのラジオで本人が言った通り、さゆみんの癖である。
どうも、不安なときや、てんぱったときに出るようだ。

これをみても、ダンスレッスン中のさゆみんの緊張が伺える。
ある意味で集中をしていると言えるだろう。

本人は歌とダンスが苦手だと思っている。
確かに歌は上手じゃないし、運動神経も悪い。
でも、そんなさゆみんの歌とダンスが好きな人だっているって事は
忘れないで欲しいな。

娘DOKYU 7/4 メモ
さて、ここで二人でメモを見ています。
これをみて思ったのは、このメモを取って参考にする、という行為こそ
さゆみんが久住にアドバイスをした事なんじゃないだろうか。

ダンスや歌自体を教えるのは教育係の仕事ではないと思う。
それにはそれぞれ専門の先生がいる。
教わるためのコツや、姿勢。これこそが教える事だろう。
だから、このメモを一緒にみたのをみて、
さゆみんきちんと教育係やっているな、って俺は思ったな。

さゆみは、ダンスも歌も得意じゃない、苦手な方なので、なんていうんですか、
さゆみが教えてもいいのかなぁっていう、なんか、っていうところもあるんで、
なんか、なんかすごい教えてあげたいし、出来てないところをみると、
ここはこうなのに、って思ったところは教えてあげられるんですけど、
さゆみも自信がないところとかもあって、そういう部分は、
どうすれらいいんだろうってって思って、
そしたらあの5期の先輩とかがこう教えてくれて、よかったっておもうんですけど。
でも本当に申し訳ないなっていう、さゆみがやらなきゃならないのに、
出来なくて、すごい申し訳ないなって思います。

歌とダンス。それはとても大事な事だ。
それに苦手意識を持っているさゆみんはとてもつらいんだと思う。
そりゃ苦手、なんて言いたくないに決まっている。

でも現実に目をそむけるわけには行かない。
厳しい現実と向き合って、頑張っている。
そんなさゆみんを応援してあげたい。

同じく歌に苦手意識があるこんこんはかつて娘。ドキュメントでこう語った。

歌はすごい好き。
すごい好き、好きだけど、なんか苦手っていうのはやだし、
でもなんか、すごい好きでやっぱりモーニング娘。好きだし。

この時のこんこんの表情は本当に素晴らしかった。
そしてさゆみんもモーレツモーダッシュで歌(カラオケ)が大好きと言っている。
好きっていう気持ちを忘れずにいて欲しい。

話がすこしそれたが、娘DOKYUの2日目。

なんか家とかでもすごい練習してますよ。ひそかに。
さゆみが久住ちゃんに教えても、さゆみが出来てなかったら意味ないじゃないですか。
で、ここはこうですか?って聞かれて、答えられなかったら全然ダメじゃないですか。
だからすごい考えてます。

こういうのをみると、教育係がさゆみんにもいい影響を与えてるなぁって思う。
考えるのはさゆみんの特徴だね。この子は実によく考えてますよ。
自分の天然さを計算したりとかね。頭のいい子です。

なんとか形になっている道重。
一方久住も必死でくらいつく。
一見スムーズに見える二人のダンス。が、しかし・・・。
歌っている時の表情に先生から細かい注意が。
デビュー曲でソロパートを与えられた久住。
それほど彼女に対する周囲の期待も大きいのだ。

休憩の間も、自主的に練習を続ける二人。
まだまだ縮まらない二人の距離。
新曲ダンスレッスンの試練はまだまだ続く。

二人の表情に浮かぶ不安。
その原因はこの日初めて行われた、ダンスを収録してのビデオチェック。
いきなりフリを間違える久住。
初めてのフルコーラスのダンス。それは納得には程遠い物だった。
自分の課題がわかっているだけに、どうしてもモニターから目をそらしてしまう。
自信という大きな壁が越えられないくすが(?)、
道重に教育係としての責任が重くのしかかる。
娘DOKYU 7/5 すべきこと
いよいよダンスレッスン最終日。
そこには苦悩から抜け出せない道重の姿があった。
娘DOKYU 7/5 苦悩

ナレーションでは二人の距離をやたらと強調するけど、
俺はそんなに距離あるのか?ってちょっと思っちゃう。
確かに練習中、教えている箇所は特になかった。
それはナレーションの言う通り、さゆみんにも余裕がないからだし、
本人の言うとおり自信もないからだ。

だからってそれが二人の距離が遠いっていう意味ではないと思う。
ダンスレッスンの場以外ではきちんとみていると思う。
先輩に迷惑をかけないように、と気を使う事の出来るさゆみんが、
久住ちゃんにそれを教えていないとも思えないし、
自分でわかっている事はきちんと教えているはずだ。
それが、先ほどのメモを教えてることからもわかる。

ダンスでは確かに教えてあげられていないかもしれない。
でもそれはダンスという狭い範囲で見た場合だ。
もっと大きな視点で見たら、さゆみんは教育係の責任を果たしているはずだ。

さゆみんは教育係の責任とはなんなのか、何をやれば教育係なのか、
それをまだ見出せていない。目先の教育に囚われすぎている。
教えられない事を出来ないと割り切れという意味ではない。
そこは教えられるように努力はするべきだし、その努力をする事が責任でもある。

全部をやる必要はない。さゆみんにしか教えられない事があるはずだ。
自分がやるべき事がわかった時こそ、名実ともに教育係になるだろう。
今は苦しいと思うけど、自分を信じてかんばって欲しい。

自分を信じて強く生きよう 生まれ変わるような記念の瞬間
TV/ラジオ > 娘DOKYU! : comments (2) : trackbacks (0)

娘DOKYU! 7/4  

娘DOKYU 7/4 Opening

今週からはさゆみんの教育係り特集!

娘DOKYU 7/4 1

おっぱい

娘DOKYU 7/4 2娘DOKYU 7/4 3

おっぱい!

娘DOKYU 7/4 4

おっぱい!!

娘DOKYU 7/4 5娘DOKYU 7/4 6
娘DOKYU 7/4 7娘DOKYU 7/4 8

おっぱい!!!

娘DOKYU 7/4 9

おっぱい!!おっぱい!!

いや、だって、喋ってた言葉より、
とにかくおっぱいしか頭に入ってこなかったんだもん。
今日はこんなノリなんで内容はまた明日!!

ナレーション:(おっぱいの)レベルの差は歴然だった
TV/ラジオ > 娘DOKYU! : comments (5) : trackbacks (0)
<< 1 2 3 4 5 6 7 8 /8 >>
NEWS!!(楽宴
最新記事
最近のコメント
最近のトラックバック
Categories
過去ログ