<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >> 登録

レインボーセブン 4/15 in 広島  

FCDVDpart2.jpg

土曜日の広島、日曜日の北九州の娘。コンサートに参加してきた。
観に行くというより、参加という言葉のほうが相応しいね。
では、今日は広島の内容について。

1.靴
今週も美貴ちゃんの靴が運動靴。
動けているから大事は無いのだろうけど少し心配。


2.レインボーピンク
この曲も色々変わってきてるね。最初(越谷あたりまで?)の方は、
「バイバーイ、ピンク!」の後、出口付近で二人でジャンプしていたのが、
その後やらなくなった。
それが、神奈川あたりから、また飛ぶようになった。

最後の「わ〜うれピ〜ンク」のところでは、
モジモジしたようなポーズのあとに、投げキッス。
これも最初はやっていなかった気がする。

あの投げキッスを自分に向けてやってくれた悶絶死する。
カメラに向けてやるので、カメラの真後ろにいると幸せな気分になるはずだ。
もちろん、俺なら同時に投げキッスし返しますよ!!

3.パンチュ
広島では久しぶりに良席に行った。
前にくるとついつい覗き込みたくなる子No.1はこんこんだ。
あのもうちょっとで見えそうで見えないドキドキがたまらない。

ただし、前でよく見える場所だからといって覗き込むと
当然向こうにもバレるので要注意だ。
・・・れいなにバレました!!!

4.山口近県
直感2の後のMCにて。
从*・ 。.・)私、隣の山口県出身なんですけど、広島へは修学旅行とかで何度か来たことがあるんですけど
从*・ 。.・)その思い出よりも、楽しい思い出ができました


そう、広島は今回の中で北九州と並んで最も山口が近い会場。
北九州はれいなの地元に近いので、
さゆみんとしてはここ広島が最も凱旋に近い場所。
(だからこそ、俺も良席に行った。)

それもあってか、全体的にテンションは高めだった。
しかし、実際は北九州の方がテンション高かったように見えた。
恐らく、家族や友達は北九州の方に来ていたのだと思われる。
そのために北九州の方がテンション高かったのだろう。

5.無色透明なままで
4/15はよっすぃの誕生日に最も近い事と、
リーダー就任1年後ということで、会場全体でそれをお祝いした。
アンコール時は白サイリュウムで埋め尽くされ、よっすぃ〜コール。

正直に言うと、俺はちょっとこの企画には不満があった。
それは全くもって俺の個人的な理由で、
4で述べたようにここ広島はさゆみんにとって一番凱旋に近い場所。

凱旋ではないので、会場全体でのさゆみんコールまでは出来なくても、
俺だけでもさゆみんの擬似凱旋を祝ってあげたかった。

とはいえ、会場全体がよっすぃを祝っている状況なので、
それに水をさすような事はしたくないし、よっすぃを祝う気持ちもあるので、
素直によっすぃコールに参加してきた。

アンコール後、今回の企画はよっすぃにとっても意外性があったのだろう。
みんな驚いた顔をして会場を見渡していた。
メンバーもみんな嬉しそうだった。企画は成功したといっていいだろね。

それを見た瞬間に
( ・e・)吉澤さんの誕生日と1周年のお祝い
といったガキさんは相当な情報通だな。
2階席最後方にメッセージ上がっていたからそれを見たのだと思うけどね。

夜のMCでは、
(0^〜^)なんで白なの?(私の)色が白いから?
(0^〜^)でも、白は何色にでも染まるから。


これを聞いた時、スゴイ、と思った。
正解だよ、よっすぃ。
説明もなしに通じてしまうとは、
ファンの心が通じたのかと思い、感動するな。

これを聞いてミキティ。
川v)違うと思う
いや、それであってるから!!

6.ヒロシです・・・
アンコール後の挨拶。
从*・ 。.・)ヒロシマジ最高!!
広島とマジ最高をかけたダジャレ。

おいおい、ちょっとまてよ。
「ヒロシ マジ最高」だと!!
あの場にいたヒロシさん(さゆ推し)は勝ち組だな。

残念ながら俺はヒロシではない。この時ほど親を恨んだことはない。
白いTシャツをきて、石につまづいてカエルでも潰しに行くか!
現場レポ > レインボーセブン : comments (2) : trackbacks (0)

レインボーセブン 4/9 in 神奈川  

神奈川公演を見て着ました。
今回のツアー、関東近県でやるのは、座間、越谷、神奈川、さいたまなので
この公演が初参戦という方も多いのかな。

それでは気づいた所をレポートしていきます。
1.MCが大幅変更
神奈川からレインボーセブンMCが大幅に変更。

新垣:レインボーグリーン → レインボー横浜
亀井:レインボータートル → レインボー薔薇
紺野:レインボーきつね  → レインボーひまわり
高橋:レインボーモンキー → レインボーソースカツ丼
田中:レインボー子猫   → レインボーとんこつ娘

これまでは色と動物とある程度規則があったのが、
かなり好き勝手な内容になってきた。
ガキさんのレインボー横浜は多分横浜限定だろう。

れいなは土曜日では
从 ´ ヮ`)とんこつラーメン
と、既に「レインボー」ですらなかった。

今日はレインボーがついたので単に昨日は間違えていたのだろう。
MCが苦手なれいなだから、
新しく台詞を変える事にかなり緊張していたようだ。

最後にマコ一人を置いて出て行くときも、
从 ´ ヮ`)これから4人でいいビルに行くので
と変更。

いいビルって・・・そりゃ去年の音楽戦士のネタで、
ファンの中ではかなり評判の番組で、好評だけどさ、
なんでそんな単語がでてくるのだ。

さてはれいなはファンサイトを見ているな、そうに違いない。
もしかしてここも、さゆみんが見ているかもしれない。
こうなるとパンチュとかおっぱいとか言っていられなくなるな。

ちなみに、レインボーピンクのとき、さゆみんが前かがみになる所は
かなりの谷間ポイントなので、今回もオペラグラスで覗いたけれども
残念ながら見えなかったよ!

2.さゆみんの髪型
土曜公演。
最初はツーテールで、途中からワンテールに。
でも、うさちゃんヘアーではなく、後ろ髪を残した状態で、
肩にかけるような髪形。

twotail.jpg
丁度こんな髪型。これはワンテールだけど、
ツーテールのときも髪が余っている。
最近髪が伸びてきたのかな。

日曜公演も同じでツーテールで後ろ髪を残した髪型。
ただ、途中からカチューシャをつけてきた。
このカチューシャはピンク色のキラキラしたもので、
中央にリボンをかたどった飾りがついている。

他のメンバー、こんこんやガキさんのつけていた髪飾りは
どこかで見たような記憶があるから、
もしかしたらさゆみんが貸したのかもしれないな。

3.ガキさん凱旋
横浜はガキさんの凱旋公演でもある。
「いいビル」や「塩たこ焼き」など、ガキさんにちなんだ名所も多い。
会場はガキさんコールに包まれていた。

今回は全部3階席とかなり席には恵まれていなかった。
肉眼では顔が識別できない(さゆみんはもちろん別)遠さだった。
そんな状況で、一際気合が入っているなぁ、と思ってみてみたら、
やっぱりガキさんでした。
「何にも言わずにI LOVE YOU」の時にそれを感じた。

亀井・田中・新垣の無色透明なままで直前MCでも、
いつもは「ヤッピー」の掛け声だったのが、今回は
「新垣さーん!」と「ガキさーん!」に。
最初の新垣さんはちょっと唐突で反応が鈍かったけどね。

そのMCの内容ではれいなとガキさんが凱旋ネタで盛り上がっていた。
そんな中、凱旋コンがない亀ちゃんは
イマイチ気持ちが共感できていなかった様子。

かしまし前のMCは、凱旋のガキさんと、
きらりん☆レボリューションの小春ちゃんがメイン。
二人ともテンション↑↑だった。
割と普通のこと喋っていたので内容忘れたけど。

凱旋という事で、アンコールはガキさんコール一色。
終演後もガキさん一人で出てきて、ご挨拶。
日曜昼公演の挨拶を取り上げると、

( ・e・)もう何を言っていいのかわかりません
という台詞が一番胸に響いたかな。
本当に嬉しそうだった。

( ・e・)みんなにはいつも支えられています。
( ・e・)みんなの応援をパワーに変えて、
( ・e・)もっともっと頑張っていきますので、
( ・e・)これからもよろしくお願いいたします!



4.靴
富山、新潟ではマコトがブーツでなく、スニーカーをはいていたが、
土曜日ではミキティがスニーカーを履いていた。
そして、日曜日にはミキティのほかにマコも再びスニーカー。

恐らく、富山、新潟でミキティがマコの靴を隠して、
その仕返しにマコがミキティの靴を隠して、
さらに仕返しでマコの靴を隠したのだろう。

なんて冗談はさておき、
恐らく、ミキティは先日のスフィアリーグで足を痛めたのだろうね。
マコは・・いつもどおり、怪我持ちって所だろう。
何はともあれ、怪我だけは気をつけて欲しいね。


来週は広島・北九州。北九州はれいなの凱旋になると思うが、
広島は今回のツアーでもっとも山口が近い公演。
(北九州も近いけど。)

さゆみんはレインボーセブンMCの時居ないのが残念だけど、
れいながどう変えてくるかが楽しみだね。

れいなはBest Of Japan秋の時は本当にMCが全然ダメで、
完全に台本どおりにしか出来なかった。
それがBest Of Japan秋の最後あたりから徐々に言える様になってきた。

もちろん、相変わらず寒いことを言う時もある。
それはれいなに限らずみんなそうだ。
でも、俺は、気の利いたネタを聞きに言ってるのではない。
れいな自身の言葉であれば、なんでもいいのだ。

寒ければ寒いなりに可愛いし、気の利いたことをいえば、関心する。
恐らく大抵の人は俺と同じように、面白い話なんて期待はしていないよ。
多分、その事にれいなも気がついたのだろうね。

北九州ではれいなのMCは必ずあるだろうし、
終演後の挨拶もある可能性が高い。
(福岡ではないから絶対ではないけど。)

れいながどのような事を話してくれるか、
今から楽しみだな。
何を言ってもファンの人は暖かく受け入れてくれるよ。

ミキティが「県民文化ホール」といった時はみんな許さなかったけどな!
そしてそのままミキティは完全スルー。さすがだ。
現場レポ > レインボーセブン : comments (6) : trackbacks (0)

レインボーセブン 4/2 in 宇都宮  

昨日は餃子で有名な街、宇都宮へ参戦してきた。
また感じた事を書いていこう。

1.さゆみんの髪型
昼公演はツインテール2(巻き髪ver)
夜公演はワンテールをほぼ頭の天辺でやる形
いつものように可愛かったですよ。

2.レインボーピンク
この曲もツアー初日と比べると徐々に変わってきてるね。
まず振り付けや台詞が微妙に変わっている。

富山からさゆみんが「うえーん」と泣くところが無くなった。
宇都宮では、間奏の「え?おんなじ人が好きなの?」での動きと、
指をさすタイミングが変わっていた。

あと、さゆみんは指に絆創膏をしていた模様。
後半ではしていなかったようなので、大した怪我ではないだろう。
単純に切ったか、擦ったか、その程度・・・と考えたが、
実はこれが原因な気がする。

今週は、モーニング娘。道重さゆみのリベンジ料理特集です!!
前回、同じくモーニング娘。のメンバー亀井絵里にお弁当を作ってあげたものの
経験の無さから大失敗・・・。今度こそはと、エプロン姿で再度立ち上がった
前回も挑戦した、たまご焼きや焼きソーセージの他、焼き鮭や甘酢大根、チーズのせ塩ゆでブロッコリーに、うさちゃんリンゴと色とりどり。
そして今回のメインディッシュは、なんと『肉じゃが』なのです。
いきなりハードルを上げまくって大胆リベンジに大挑戦!

この収録ために指を切ったに違いない。
それにしてもこの特集はスゴイ楽しみだね。
今度毒殺される人は誰かな。・・・多分、れいなだな。


3.高橋愛劇場
これも毎回毎回違うね。
どこが違うのかまではよくわからない時もあるけど、
今回はAメロのターンと、Bメロ最後のターンが違っていた気がする。

本当に好きなようにやっているな。
それだけの事を任されるようになり、
その期待にこたえている。

昔の愛ちゃんはこんなに堂々としたイメージはなかったんだけどな。
いつの間にこんなに頼もしくなったのだろう。
こりゃさゆみんが大好きなわけだよね。

4.振り間違い
ほとんどの公演、誰かがどこかの曲で振り付け間違えていると思う。
ただ、細かい点だし、全ての人を見れるわけではないので、
気がつかない事も多い。

今回気づいたのは、
昼公演では、浪漫の2番のサビ
「平和という無限の情熱がある」のところで、
こんこんが1番の「空という無限のキャンパスがある」の動きをしていた。
こんこんがさゆみんの前に居るから気がついたというわけだ。

夜公演では、色っぽいじれったいで間奏に入った時、
さゆみんが振り付けを間違えた。

振り付け間違えた後はたいていのメンバーが
「しまった・・。恥ずかしい・・・」という顔をする。
それが可愛いんだよね。
もちろん、プロとしてやってはいけないミスだけどな。

5.れいなのれの字
かしまし3でのれいなパートでは、
後ろで「レイナ」の人文字を作っている。
ここで亀井ちゃんは「レ」の「ノ」の部分を担当していて、
体をVの字にして頑張っている。いつもプルプル震えている。

富山公演では途中で力尽き居て倒れていた。
いつもこのパートが終わった後によっすぃが
「よく頑張った!おつかれ!」という感じのジェスチャーをする所が
見ていて微笑ましい。
よっすぃは「レ」の字の「|」の担当。

昨日はれいな推しの友人と連番したので、
いつも以上にれいなを見てみた。
れいなって思った以上に楽しそうにライブをしている事に気がついた。

さゆみんと同じぐらい全身で表現してくる。
さゆみんは手足の長さから、感情を大きなジェスチャーで表現するが、
れいなの場合逆に小さい体をピョコピョコ動かす事で、
これもまた感情が凄く伝わってくるのだよね。

かしまし3といえば、久住のパートで
「くっすみコールで・・・」のところで
手で太鼓を打つような動きをする。

  _  ∩
( ゚∀゚)彡 おっぱい!おっぱい!
 ⊂彡

6.写真集MC
MCではこんこんと小春ちゃんの写真集発売についてふれる。

川o・-・)<ハワイも暖かかったけれども、会場の方が暑いです!
ノリo´ゥ`リ<ミラクルテンション↑↑でっす
という感じのコメント。

小春ちゃんも大分慣れてきたなぁ、と思った。
思えば去年のバリバリ教室。
MCではほぼ決まった言葉の定型をずっと言っていた。
あの時と比べると自分の言葉を出せるようになったね。

これは、「やっと」というよりむしろ早い方ではないかな。
やはり一人だけの7期である事、数多くの露出のチャンス、
そういった事が形に出てきたのだろうな。

7.亀の餃子
宇都宮という事で一発芸で耳を餃子の形にする技を披露。
本当にありがとうございました。

あと、レインボーセブンMCで、
いつもはフットサルの練習で・・とかそういう理由で抜けていくメンバーが
全員「これから餃子食べに行くので」といって出て行った。
宇都宮ならではのネタでした。

8.メッセージボード
いつもはTシャツにメンバーがメッセージを書いたり、
発光ボードにメッセージを書いていたりするのだが、
宇都宮では黒板にメッセージを書いていた。

左から、マコト、こんこん、さゆみん、亀井かな。
さゆみんはいつものうさちゃんを書いてくれました。

9.ひっぴー
アンコール後のMCで、4/1に、モーニング娘。に加入して6年になった事を
よっすぃが話し始める。
あの時14歳だったのが、もうすぐ21歳。

4期のメンバーにメールを出したら、
みんなが「ひっぴー」という題名で返信をしてくれた。
ひっぴーというのは当時始めてあった4期が呼んでくれたあだ名。

6年経ったけれども、あの日のことはみんなよく覚えている。
そういう心温まるエピソードを語ってくれた。

小春ちゃんの一人きりの7期の利点には触れてきたが、
こういう時、同期が居ないのはちょっと寂しいかなとも思う。
4期同士の結束はもちろんのこと、
5期も6期も、1期も2期も、それぞれ同期には強い想いがあるはずだ。

「あの日の事をよく覚えている」
そうよっすぃが言った時、さゆみんは吉澤さんを見ながら、
深く、強くうなづいていた。

自分がモーニング娘。に加わった時の日のことを思い出し、
自分もその日の事を強く覚えている事に思いをはせ、
共感したのだろうね。

そういう思い出の日というのは誰しも持っているものだろう。
思い出を大切にしたいな、という気持ちになれる素晴らしいMCだった。

一生懸命に生きることが、いい思い出になるものだと思う。
今を全力で駆け抜けているさゆみんは、
きっと後に今日の事を素晴らしい日々だと思い出す時がくると思うな。
現場レポ > レインボーセブン : comments (0) : trackbacks (0)
<< 1 2 3 4 /4 >>
NEWS!!(楽宴
最新記事
最近のコメント
最近のトラックバック
Categories
過去ログ