<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >> 登録

モーニングチャンネル第250回 過去・現在・未来  


今週発売のザテレビジョン21号。
モーニングチャンネルの250回スペシャルということで、
メンバー全員が載っている。

さゆみんのポーズはメイドという事で、
さすが俺の趣味をよくわかってくれている。

SP企画として、モーニング娘。の過去・現在・未来について
質問をしている。
また、好きな花を選んで一緒に撮影。

質問の内容は、
1.今から5年前、あなたはどんな女性でしたか?
2.この5年間は、あなたにとってどんな5年間でしたか?
3.5年後、あなたは、どんな女性になっていると思いますか?


質問の答え。
1.小学6年生だったんですけど、普通に小学校に通う毎日でした。そのころの趣味はモーニング娘。が大スキだったので、モーニング娘。のカードを集める事でしたっ♪ 友達と交換したりして遊んでました。

さゆみんはモーニング娘。の大ファンだった。
大好きなお姉ちゃんと一緒に応援していて、
カードを集めたり、ポスターを貼ったりしていた。
昔から可愛い女の子に憧れていたのだろうね。

今でもラブベリのカードを集めたりと、
コレクター魂は生きているようだ。

2.やっぱりモーニング娘。に入った事で人生がガラッと変わりました。大好きな大好きなモーニング娘。に入ることが出来てすーっごくうれしかったし、たくさんの新しい事を経験できたり、そして何より今のこのメンバーに出会えたことに1番の幸せを感じますっ!!感動です☆

さゆみんは今のメンバーが大好きなんだなぁ。
こんこんとマコの卒業の時は、これまで卒業して行った先輩たちとは
違う感覚を味わう事になると思う。

これまでの先輩は入った時からずっと前からいた先輩で、
それは5期も変わらないのだけれども、
一緒に歩んできた感覚は五期の方が遥かに高いと思う。

次の卒業式のとき、さゆみんがなんと言葉をかけるのか、
想いをどう昇華するのか、心に受け止めていこうと思う。

3.5年後って事は・・・もう21歳だぁーーー!!自分が成人してるとか想像つかないし、あんま考えたくないです・・・いつまでも永遠の16歳でいたいです♥♥ でもまぁ21歳のさゆみは今よりもしっかりとした意思がもてる様になっているといいな。自分の意見もはっきり言えるようになってて欲しい。

さゆみんは大人っぽい女性よりも、可愛い女性の方で居たいのかな。
セクシーに憧れはあるようだけれども、
やっぱり「今日もかわいい」女の子で居たい。

大人になるという事は、それだけ責任が出てくるし、
好き勝手な事も出来なくなってくる。
甘えん坊のさゆみんにとっては甘える事も出来なくなっていくのも
つらいことなのかもしれない。

「今よりもしっかりとした意思を持ちたい」と願うということは、
今はそうではないという意識があるのだろうね。
でも、それは違うと思う。

他の人からみれば、さゆみんが自分の意思を持っている事は伝わってくる。
16歳という年齢でモーニング娘。として、練習やら収録やら
忙しい仕事をこなしている事自体が意思を持っている事に他ならない。

それは環境なのかもしれないけれども、
それを受け止めて一生懸命頑張っているのだからね。
やっぱりしっかりしていると思うよ。

さゆみんは意思をもっていないのではない。
自分の意思に気がついていないだけだ。


さゆみんが選んだ花は赤いフリージア。
これはもちろんさゆみんにとって思い入れの強い曲
「赤いフリージア」を意識してのことだ。

赤いフリージアを選んだんですけど・・・これはもちろんっっオーディションで歌った曲の題名だからです。赤いフリージアを聴いたり歌ったりすると初心に戻れる感じがします。

さゆみんが頭がいいな、と思う一つの理由にこういう発言がある。
さゆみんは女の子にしては、論理的思考をするんだよね。
娘。の中ではかなり特徴的だと思う。

つまり、きちんと理由があって、それを選ぶ。
直感的や直情的ではない。
もちろん、そういう時もあるけど、
比較的さゆみんは論理的に動く方だと思う。

逆に明らかに直感で選んだのが、
愛ちゃん:黒バラ。魅力的な感じがしたので選びました。
マコ:チューリップ。直感です(笑)
れいな:ピンクのバラってかわいいカナ〜と思って♥(笑)

大抵直感で選ぶという事は、
こういうものは、だいたい自己を投影したものを選ぶもんだと思うんですよね。自分のイメージというか、こうなりたいという願望のほうがでるんじゃないかな。

てってけさんも言っているし、これは自分のイメージ、
つまり自分の好きな色で選んだに違いない。

そう考えると、この日のパンチュの色は、
吉澤:赤
高橋:黒
紺野:白
小川:赤
新垣:桜色
藤本:黄
亀井:薄紫
道重:赤
田中:ピンク
久住:赤
という事になる。

かつてヤンタンで愛ちゃんは黒の下着をつけていたといっていたし、
れいなの私服のパンチュを見たという殺すべき友人が
ピンク色だったといっているし、この推理には確かな根拠があると言える。

ついでにそれぞれの花言葉も調べてみた。

吉澤:熱烈な恋
高橋:死ぬまで憎む
紺野:幸福、繊細、幸福が戻ってくる、純潔
小川:愛の宣告、美しい瞳
新垣:精神美
藤本:光輝、高慢、あなたは素晴らしい、愛慕
亀井:乙女の真心、飾り、美しい
道重:純潔
田中:美しい少女、上品、気品、しとやか
久住:ハイビスカス 繊細な美、常に新しい美

突っ込みどころ満載でどれを突っ込んでいいのやら・・・

愛ちゃんはとりあえずスルーしよう。
こんこんは、今の卒業をどう捉えるかの一つの答えな気がするね。
ミキティは・・・高慢ということで。
さゆみんの純潔は当然だな。

れいなの「上品、気品、しとやか」は
れいながそうなりたいと思っているのだろうけれども、
逆に言うと今のれいなにはあまりそのイメージがない。

さらに、ピンクのバラにはもう一つ花言葉がある。

「赤ちゃんができました」

れいにゃあぁぁぁあぁぁ!!
日記 : comments (2) : trackbacks (0)

紺野・小川 卒業発表  

今日は待ちに待ったさゆみんが司会のハロプロアワーの放送日。
こりゃ気合入れて更新するぞ。
・・・・・と思ってたのに・・・・

『モーニング娘。』5期メンバー「紺野あさ美」・「小川麻琴」卒業のお知らせ

また唐突すぎるニュースが・・・
正直なところ、今はまだ冷静ではない状態。
それでも今思ったことを書いていこうと思う。

今回の件で一番驚いたのは、卒業する人がこんこんとマコという事。
今まで娘。の方針は、卒業という名が表すとおりに、
ひとり立ちしてもやっていける人の自立を表していた。

こんこんやマコがひとり立ちできないとは思わないが、
ミキティや愛ちゃんのほうがそれ以上に技術があると思うし、
実際に、芸能界からの卒業であり、自立ではない。

芸能界からの卒業はブレイク以後始めての事であり、
その事が一番ショックだった。
今までは卒業しても、見る機会は減っても、0にはならなかったのだ。
(その後引退した人や、引退後復活した人もいますが。)

そう考えると、これまで卒業してきた裕ちゃん、ごっちん、圭ちゃん、
なっち、W、かおりん、梨華ちゃん、矢口さん・・・
これらの人の卒業より重い意味を持つと思う。

俺は1推しはさゆみんだけれども、モーニング娘。推しでもあるので、
やっぱり残念だな。
いつかは来ることでしょうがないのかもしれないとは言えやりきれない。

そしてもう一つ思ったこと。
これまではスキル的に上の人が抜けていったのに、
その方程式が崩れたという事は、次は誰だかわからないという事。

明日はわが身かもしれない。
そしてその時は同じく、芸能界からの引退かもしれない。
そう考えると戦々恐々だ。

まだまだ冷静でいられる状態ではないので、
素直に二人の卒業を祝ってあげられる状態ではありません。
おめでとうといってあげたいけど・・・

モーニング娘。として残された数ヶ月。
その間は全力で駆け抜けてください。
忘れたくても忘れられないぐらい輝いてください。

明日、明後日の大阪公演までに気持ちの整理がつかないよ・・・。
日記 : comments (4) : trackbacks (0)

そよ風  

SexyBoyPart5.jpg

本当は娘。DOKYUの中から色々キャプチャして、
内容を紹介しようと思っているのだけれども、
ちょっとビジーでキャプチャをしている余裕がない。

会社でやるのはさすがに勇気がいるからな。
昨日は起きたら11時半と寝坊をするし、
今日はお腹が下りっぱなしだし、困ったものだ。

今日の夕方から遂にきらりん☆レボリューションが始まる。
小春ちゃんがどれぐらい可愛く演じられているか注目だね。
あまり期待しすぎると反動が怖いけど、
逆に期待していなければいい意味で反動がありそうだな。

閑話休題。今日は最近流行のMixiとブログについて。
このブログは自分でも最近ファンサイトに近い位置づけにある
と感じている。

そもそも、俺がここを書いている目的は何かというと、
1.さゆみんの魅力をみんなに伝えて、一人でもファンになって欲しい
2.さゆみんについての情報を共有する
3.自分自身の自己表現の場
4.さゆみんについて深く考察をする。
というのが主な目的だ。

1や2などファンサイトそのものだな、と思う。
ファンサイトには「交流」という大きな要素があるところが差かな。
1については、俺以外のさゆ推しは居なくてもいいと思っているから、
自己矛盾なのだけれどもね

書くからには読者を意識して書いている。
まず、誰をターゲットにしているのか、を明確に決めている。

人が興味を持つ、面白いと思えるポイントは人によってまちまちであり、
ある人には面白くても、ある人には全く面白くないだろう。
ここもハローやさゆみんに興味がない人が見たら面白くも無いはずだ。

多くの人から興味をもたれる記事の例をあげると、ニュースがある。
インターネットは世界からみられるので、
「英語で世界のニュースを書く」
これが多くの人から興味を持たれる簡単な方法だ。

その反面、例えば一部の友達とのネタのような狭い範囲の話のほうが
その当人にとっては面白かったりするものだ。
でも、それは当事者以外にはまったく面白くない。

極端な話をしてしまえば、広く浅くいくのか、狭く深く行くのか、
その選択になるだろう。
ヒット数を稼ぎたいなら、自ずとどちらを選ぶのかは決まっているけどね。

書こうと思えば、ハロー以外の時事のネタとかも書けるのだが、
俺はそれを極力やらないことにしている。
できるだけさゆみんについて書く。

それはターゲットをさゆみんの事に興味がある人
と限定しているからに他ならない。


それに対し、Mixiなどの閉じた世界の日記であれば、
読み手が限定される分、ターゲットが明確に決まっている。
設定次第ではあるが、基本的には友達にしか読まれない。

だから、ブログでは好きなことが書けないが、Mixiでは好きなことが書ける
そういう人が多い。

しかし、俺は最近それが逆なのではないか、と考えている。

読み手にはそのブログを読むかどうかの選択権がある。
興味が無い、つまらないと思えば読まなければいいのだ。
これは裏を返すと、書き手にも読者を選ぶ選択権があるといえる。

つまり、ターゲットを設定している事というのは、
こちらから読者を選んでいるのと同じであり、
乱暴な言い方をしてしまえば
俺の記事に興味が無い人は読まなければいいわけである。

もちろん、それと自分の書いた文章への責任は別問題。
つまらない、ではなく、不快に思ったり、誰かが傷ついたり、
ましてや人権を侵害するような事があったら、
それは責任を取らないといけない。

話を戻すと、ブログに対してMixiは読む人が特定される。
すると、読む人が誰だか分かるがゆえに、
マイミク(Mixi上登録されている友人)全員に興味のある話を
書かないといけないのではないか、と感じてしまう。

俺のマイミクは何もハローのファンだけではなく、
会社の友人、同僚、仕事仲間から、
大学・高校時代の友達、ネット上で知り合った友達、
様々な趣味の人たちがいる。

それら全員、とまで行かなくても、大半を満足させられる記事って
なかなかかけないのだよね。
しかもMixiの内容は記事というより日記だし・・・。
結局時事ネタニュースを書くか、放置気味になるか、になっている。

Mixiを始めて、ブログがおざなりになったという人もいるだろう。
そういう人は不特定多数の人ではなく、
少数特定の人をターゲットに書いていた人が多いのかな、と思う。


会社の友人に、ここはただの日記だろ、
といわれた時は少しショックだったな。
俺の中では日記ではないつもりなのだが。
日記 : comments (4) : trackbacks (0)
<< 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 /68 >>
NEWS!!(楽宴
最新記事
最近のコメント
最近のトラックバック
Categories
過去ログ