<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >> 登録

GAMと℃-ute  

モール5月2.jpg

久しぶりに新ユニットが発表された。
松浦亜弥と藤本美貴でGAM。
Great Aya & Mikiの意味で、
更に英語のスラングで脚のきれいな女の人の意味を持つそうだ。

とはいっても、美脚というのは間違えなく後付けだろう。
以前新ユニット(05/9/2付け)で更新したように、
最近のハロプロのユニットは全て頭文字をアルファベット順にしている。

A:あぁ!
B:Berryz工房
C:℃-ute
DEF:DEF.DIVA
G:GAM

ということだね。
やっぱりDEF.DIVAは一気に3つ進めたと考えて正解だったようだ。

DEF.DIVAの時にGの頭文字のユニット名を考えようとしたが、
当然GAMなんて出てくるわけもなく、Gカップしか思いつかなかった。
次は更にカップが増量してHカップですよ。

どう考えても該当するメンバーが集まらない。
それまでにさゆみんがHカップになってくれる事を祈ろう。
でかすぎるって?いや、俺はそのぐらいのほうがいい。

UV:v-u-den
W:W(ダブルユー)
ZYX:ZYX

とアルファベットの後ろからもなぞっているので、
次はTの可能性も否定できない。

あやみきといえば有名な仲良しのカップリング。
ここまでガチのカップリングでユニットになるのは初めてだろう。
カップリングヲタとしては歓迎するのかと思いきやそうでもないみたいだ。

さゆみんのカップリングといえば、
1.さゆえり
2.愛さゆ
3.さゆこは
4.さゆれな
5.エコモニ。
といったところ。既に5はユニットになっているが、
この場合はユニットができてからのカップリングというパターンだ。

俺はカップリングユニット大歓迎。
単純に活躍の場が増えるのが嬉しい。
映画に出演しないミキティとのユニットで主題歌はどうかと思いますが。

閑話休題。
昨今問題になっている℃-uteイベントの様子の動画。





これを見て、参加している人たちが℃-uteを応援していない、
ただ騒ぎたいだけ、とまでは思わない。
本人達にとっては自分なりに応援をする気持ちはあるのだろう。

応援のスタイルは自分なりでいいし、
ヲタ芸を否定するつもりはない。
ただ、時と場合を考え、回りを見て欲しい。

この動画を外から見たとき、普通の感覚なら引くだろう。
明らかに一般の空気から見たら異質だ。
アイドルを、しかも年の若い子達を応援する事は
良くも悪くも異質なことに紛れもないから仕方ないのかもしれない。

恐らくはやっている本人は周りから
どう見られているかはわかっていないのだろう。
気づいたら、考えて欲しい。

考えた結果がこのスタイルというのであれば、否定はしない。
考えなしにやっている事が俺にとっては問題なのだ。

コンサート会場の中ならば、物理的に周りの人に迷惑をかけない限り
ヲタ芸をやることには大きな問題は感じない。
そもそもコンサート会場が異質の空間だからだ。
異質の中の異質は一般と同義だ。

この行為自体が彼女達の活動にとって悪かどうかは分からないが、
少なくとも事務所の意向とは合っていないのではないだろうか。
だからこそ、シークレットイベントを行ったのだと思う。

℃-uteはメジャーではなくインディーズデビューという形をとった。
今の段階で一般層に広く売っていくのは、段階を間違えている気がする。
インディーズからデビューさせるというのであれば、
一般層に受け入れられないのは当然だろう。

インディーズでデビューさせようというのにもかかわらず、
最初からそれなりの数のコアなファンが存在するというのは
明らかに特殊なケースであり、
そこにプロデュース側との意識のずれが存在する。

これが娘。のイベントであれば、もっと大きなスペースを用意するので
今回のような一般の真ん中になるというような状況にはなりにくい。

モーニング娘。やBerryz工房と同じ目線で見てはいけない。
同じ目線で戦わない事こそが℃-uteの持ち味であり、魅力でもある。
ハロプロのなかでも特殊な環境であるというのが℃-uteの特徴だな。

ファンとしては事務所が、また、本人達が何を望んでいるのかを考え、
それにある程度は合わせて動いて行くべきではないだろうか。
お互いに歩み寄る事が解決への糸口だろう。
これは℃-uteにだけ当てはまる話ではないね。
日記 : comments (13) : trackbacks (0)

アンチは人気の裏返し?  

ハロプロアワー2_2.jpg

今日は珍しく2本更新。
一つ前のエントリはさゆみんについて書いてないのでね。
集中させないで散らせよという話だが。

B000FJA9KCAmbitious! 野心的でいいじゃん (初回生産限定盤)(DVD付)
モーニング娘。

アップフロントワークス(ゼティマ) 2006-06-21
売り上げランキング : 22

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今日は娘。の新曲「Ambitious!野心的でいいじゃん」をヘビロテ。
発売日まえだからCD音源じゃないけどフルバージョン。
曲の評価はCDを聞いてから、また、実際に見てからだけど、
今のところの感想を書いてみる。

・非常にアップテンポだからキャッチ力はありそう
・その反面特徴があまりない。娘。の曲はどこか変な曲だったり、ある意味でダサい曲が多いのだが、これは普通だな。
・アニソンにぴったりです。(悪い意味ではない。)
・キャッチ力はあっても、人の目に触れる機会がどれだけあるかだな。

・さゆみんのパートは2番の「儀式」だけっぽい。

全体的にユニゾン曲だから、ソロパートは少ない。
その中でソロパートが多いと思ったのは、藤本と田中と高橋。
最近の傾向が如実に出ている。

ここで、パート割についてのまとめがあったので引用すると、
田中
「抱きしめてね」「みんなだって」(1番)
「晴れ渡るから」(2番)
「あしただって」(大サビ)

亀井
「未来」(1番)
「抱きしめてね」(2番)
「意識」(大サビ)

藤本
「見上げれば」(1番)
「お互い様なんだから」(2番)
「口づけの」(大サビ)

道重
「儀式」(2番)

となっている。

出所は2chで、さゆみんに対しての悪意のある内容。
正直、亀井とはそれほど差はないのだけれどもね。
事実は事実なので、しょうがないけど、
アンチというのは都合の良い材料を揃えてくるからな。

最近、2chでさゆみんに対するアンチが多くなってきている気がする。
俺は「アンチは人気の裏返し」と考えている人間だが、
アンチ活動をする材料があるからというのもある。

さゆみんの泣き所は間違いなく歌であることは確かだ。
特に最近はえりりんの歌がかなり上手になってきていて、
表現力ではれいなと比べても遜色しないと思うところまで伸びている。
そのためえりりんと差がついてしまい、余計に材料になっているのだろう。

そしてもう一点。
最近さゆみんがどんどん大人っぽくなってきている事だ。
昔は小学生にしか見えないぐらいのロリを発揮していたのだが、
最近はさすがにそれはあまりなくなってきた。

さゆみんのロリ部分を好きだった人には
その変化が耐えられないのだろう。
大抵アンチというのはそういう人がなるケースが多い。

俺は常に「さゆみんは将来絶対美人になる」とか
「もっと大人っぽくなって欲しい」といっているので、
今の傾向はむしろ俺の理想に近づいてくれているので、
嫌いになるなんてありえないのだけどね。
もちろん、ロリなさゆみんも可愛かったけどね。

探してくれば誰でもいくらでもアンチ材料はでてくる。
体の横幅の増減なんて昔からあったことだし、
わざわざ写りの悪いショットをもってきたりする。
誰だって酷い顔をしたショットは存在するからな。

一々そういう発言や行動をみて腹を立てるほどバカではないが、
気持ちの良いものでない事も確か。
同じ耳に痛いことを聞く事でも、悪意があるかないかの差は大きいのだ。
日記 : comments (5) : trackbacks (0)

見上げれば未来  

ハロプロアワー2_1.jpg

最近更新頻度が落ちている。
内容もあまり時間がかけられない事が多い。
その状態になっている原因は3つある。

1つは単純に仕事が忙しくて時間が取れないこと。
とはいっても、月の残業はそれほど急激に増えたわけではないので、
勤務中に書く時間が取れなくなってきたという事だ。

キャプチャ更新をする余裕は中々取れないね。
土日は更新含めてお休みの日にしたいんだ。


2つ目は1週間ほど前からFF12を始めたこと。
もともとハローに入ったきっかけがゲームであるぐらい、
ゲーム大好き人間なのでゲームの優先度は高いんですよ。

予定ではさゆみんの誕生日である7/13までにクリアをすること。
理由はペルソナ3が発売されるから。
今のところ1週間で30時間強やっているから充分間に合いそうだけど
ゲームは勢いが大事だからな。停滞したらそのままフェードアウトだ。


3つ目は最近ファン活動を含めて色々と悩み事が多い事。
俺は今まで「1番のファン」になる事を目標に頑張ってきた。
単にレスとか認知とかではなく、あらゆる意味で1番になりたい。

そう思って実際に色々試行錯誤して頑張って来たし、
自分の持てる力を120%引き出してきた。

そして、自分ではそれだけの結果を出してきていると思っている。
さゆみんが1番と思ってくれる域には達してないと思うが、
50番ぐらいには入ってるだろう。

このブログも最初は10人ぐらいしか見ていなかったのが
今では多くの人が見てくれている。
頑張ればそれなりに結果が出てくる、というのは勇気が出てくるね。

前に進むには常に努力をしていかなくてはならない。
停滞や惰性では前に進む事が出来ない。
そうやって、加速度的にエスカレートをしていく。

今、俺は自分の持っている全てのものを投入していると言っていい。
お金も、時間も、知識も、情熱も全て注ぎ込んでいる。
ここでふと考えてみた。

もともと俺は、ファン活動を通して自分の人生を豊かにし、
プラスに活かしていくのが大事だと考えている。
それはこれまでのファン活動において概ね成功していると思う。

3、4年前に比べて色々事を学んだし、いろいろな物を得た。
昔の知り合いに合うと、こんなヲタをやっているにも関わらず、
今の方がよくなったと言ってくれる。
(まぁ底辺からだから上がるしかないのだが。)

では、このままエスカレートしていったらどうなるか。
3年後の自分を想像するのは難しくない。
なぜならば、ほかの事が出来ないからだ。

それは自分にとってどれだけプラスになるかを見直して、
プラスのことよりもマイナスのほうが多いのではないかと考えた。
ここで一旦少し冷静になってみよう。

別に辞めるとかそこまでする必要はなく、
時間、お金、精神的に少し余裕を持てばいいのではないか。
リソースをあけて、その分何かほかの事をやる余裕を作る。

応援するスタイルは色々あるし、
そのうちどれが一番偉い、一番凄いというのはない。
むしろ今のまま続ける事は「1番」になる事への遠回りではないか。

自分自身が幸せになる事、それが一番の応援だと思っているんだよね。
ちょっと熱くなりすぎて冷静さを失っていた感があるので、
一歩後ろに引いてまわりを見渡してみよう。
自分自身にとっての応援の意味を見つめなおしてみよう。

具体的に何をどう変えるのか、きちんと指針を決めないと
恐らく何も変わらないと思うので、
単純に毎月の予算を8万ほど減らして見ることにした。
そうすれば自然と余裕のある時間も増えていくだろう。

過ぎたるは及ばざるが如しではないけど、
熱くなりすぎて周りが見えなくなってしまっては
あまり良い結果にはならないと思うんだよね。
視野が狭くなって見えるものも見えなくなってくる。

応援の情熱を減らすことなく、もっと上手に応援していこう、
また、変化をすることで新たな事を学ぼう。
惰性と意地だけで応援なんて形にはなりたくない。

現場がないから、色々な事を考える余裕がでてきたんだろうな。
やはり余裕というのは大切です。余計な事も考えてしまうけどね。
日記 : comments (2) : trackbacks (0)
<< 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 /68 >>
NEWS!!(楽宴
最新記事
最近のコメント
最近のトラックバック
Categories
過去ログ